紐付けテーブルにデータを移行することで、Datahubに取り込んだ外部データをKARTE上のユーザーデータと紐付けることができます。
紐付けたデータは以下の用途で活用することができます。

  • セグメントの条件に使うことができる
  • 「ユーザー情報変数」で接客サービス内に埋め込むことができる

本ページではユーザーにデータを紐付けるやり方をサンプルを用いて説明します。

紐付けテーブルへのデータ移行

紐付けテーブルへのデータ移行は大きく分けて以下の2種類の方法がございます。

  1. csvファイルを管理画面に直接アップロード
  2. 空の紐付けテーブルを作成し、ジョブフローを使って移行

本ページではcsvファイルを管理画面に直接アップロードする方法について説明します。
※サポートしている拡張子は.csvのみになります。

サンプルケース

  • 外部に保有するユーザーごとの年齢情報をKARTEに取り込み、セグメント条件として活用したい

全体の流れ

紐付けテーブルを作成する

  • グローバルメニューから紐付けテーブルを選択し、右上の「作成」→「CSVから紐付けテーブルを作成」をクリック
  • 以下の設定を行い、作成するをクリック
  • テーブル名を入力し、csvファイルをアップロード
  • 各フィールドのデータ型を選択
    • visitor_id: 文字列
    • age: 数字型
  • 主キーを選択: visitor_id
    • ※主キーとは紐付けテーブルの列の中で、値の重複を許さないメインの列を意味します。
    • 今回はvisitor_idで名寄せを行うのでvisitor_idを選択します。

null

  • サンプルのcsvファイルはこちらをご確認ください。

紐付け設定を行う

  • 紐付けテーブル右上の「紐付け設定」をクリック
  • 「紐付けの有効化」にチェックを入れ、以下の設定を行う。最後に「保存する」をクリック
  • 紐付け対象のフィールド:閲覧 -> visitor_id
  • オプション:
    • データの追加先:ユーザー情報
    • データの上書き:既に紐付いているデータを上書きしたい場合はチェックを入れます。
      • 今回は新規で紐付けを行うのでチェックは不要です。

null

これで紐付けの設定は完了です。

ユーザー詳細画面でデータが拡張されているのを確認する

  • ダッシュボードからユーザ詳細画面に遷移
  • 「ユーザーデータ > すべて確認」をクリックし、モーダルを開きます
  • age で検索し、「ユーザー情報 > age > 最新の値」が「30」になっていることを確認します。

null

セグメントの作成

  • あとは通常のセグメント作成と同じフローで拡張したデータを利用することができます。
    null