目的

ステッププッシュは、初回起動後1日目、2日目等アプリのダウンロードを起点として新規ユーザーにアプリの利点やお得情報などを配信することで継続率をあげる取り組みになります。
今回は初回起動後1日目のユーザーに対してその利点をお知らせすることでアプリを起動してもらうことを目的にします。

事前準備

イベント

  1. native_app_install:デフォルトで発生するアプリ初回起動(native_app_install)イベントを使用します
  2. 遅延イベント(β):ユーザーが初回起動してから1日後にイベントが発生するように遅延イベントを作成します。遅延イベントについては、こちらをご確認ください。
  • トリガーとするイベント:アプリ初回起動 | 送信日時 | が | 存在する
  • 遅延時間:1日

その他設定は施策に合わせて設定してください。

クリエイティブ

  • テキストのみのプッシュ配信の場合には不要です。
  • リッチ通知の場合にはiOSで実装が必要となりますので、ご確認ください。

その他

  • FCM SDKの実装が必須となります
  • プッシュ通知の遷移先をトップページ以外に指定する場合には、特定のページにてディープリンクが実装されている必要があります。誘導したいページにディープリンクの実装がされているか、ご確認してください

設定方法

1. 接客サービスの新規作成

グローバルナビゲーション「顧客に合わせる」>接客サービスの右上「作成」より新規作成をします。
アクション追加よりネイティブプッシュ通知のアクションを選択します。

null

2. 配信モード

今回はアプリ初回起動から1日後に遅延イベントが発生したタイミングでユーザーに接客を配信するため、「イベント応答配信」を選択します。

3. 対象ユーザー

初回起動1日後の全ユーザーに対して配信する場合には設定は不要です。

4. 対象イベント

配信トリガー>その他のイベントで設定より、作成した遅延イベントを選択します。
配信頻度はユーザー毎に変更します。
なお、遅延イベントが1回でも発生していない場合には選択ができません。事前に遅延イベントを作成して遅延時間等問題なくイベントが配信されていることを確認してから設定してください。
null

以上で必要な設定は完了です。

配信が適切にされない場合はこちらをご確認ください:KARTE for Appプッシュ通知で問題が発生した時のチェックリスト