KARTE for Appにおける接客表示を制御するオプションです。
各オプションを指定した場合の挙動については以下に示します。
下記オプションの指定が必要ない場合は「無効」を指定してください。

「表示を制限する」を指定

画面遷移によって、表示中の画面と異なる文脈の接客が表示されることを避けたい場合「表示を制限する」を指定します。
KARTE for Appの仕様上、イベントを送信してから接客を表示するまでの間に本来表示されるべき画面(画面A)から画面遷移(画面B)が発生した場合、該当の接客が遷移後の画面Bで表示されます。
本オプションを指定することで、上記の場合に画面Bでは受信した接客を表示しないように設定することができます。設定の方法は下記の二つがあります。

なお、画面Bにviewイベントなどのイベントが発火しない場合(実装していない場合)には、本機能を設定しても画面Bに接客サービスが表示されます。

また、本機能はネイティブ側のviewイベント発生を契機にページ遷移とみなし、遷移先画面での接客表示を抑制する機能となるため、WebView内のviewイベント(_sourceがnative_app_webview)では、この表示制御は効かないことにご注意ください。

接客編集画面で設定する

接客編集画面のオプションにてネイティブアプリにおける接客表示制御という項目がありますので、この中から「表示を制限する」を指定します。
null

プラグイン設定画面で設定する

デフォルトでONにしたい場合は「プラグイン設定>KARTE for App」からデフォルト有効化をONにします。
null

「常に表示する」を指定

通常の画面遷移またはviewイベント発生時に接客がリセットされます。トリガーとするイベントによってはイベント発生後にviewイベントが発生してしまい、接客が表示されないことがあります。それを避けるために本オプションを指定できます。
また、画面を跨いで常駐させたい場合にも本オプションは有効です。

※本オプションは同時配信がOKの場合のみ有効になります。NGの場合は正常に動作しないので必ず同時配信をOKにしてください

接客編集画面で設定する

接客編集画面のオプションにてネイティブアプリにおける接客表示制御という項目がありますので、この中から「常に表示する」を指定します。
null

接客を非表示にする方法

「常に表示する」を指定した場合、明示的に接客を非表示にしない限りは接客は非表示になりません。
接客を非表示にする方法は以下の二つがあります。

※本オプションはSDK InAppMessaging v2.5.0以降でのみ有効です。
該当バージョン以前で利用しようとした場合は、「無効」を指定した場合と同じ挙動になります。

1.アクション側で非表示にする

接客のアクション側でhtmlのclassに karte-close などを指定して接客を非表示にする仕組みを用意し、アプリ利用者の操作によって接客を非表示にする。

2.アプリ側で非表示にする

KARTE SDKを利用して、接客を非表示にする実装をすることで接客を非表示にする。
実装方法については以下を参考ください。
iOS
Android