iOS, Android SDKはviewイベントやカスタムイベントに自動でapp_infoというフィールドを付加します。なお、WebviewのイベントについてはWebview連携の実装をしていただくことで、計測タグが自動発行するviewイベントにapp_infoフィールドが付くようになります。

iOSの場合

{
  "app_info": {
    "version_name": "1.2.7",
    "version_code": "270",
    "karte_sdk_version": "2.11.0",
    "system_info": {
      "bundle_id": "io.karte.sample",
      "os": "iOS",
      "device": "iPhone", //UIDevice.currentDevice.modelの値(https://developer.apple.com/documentation/uikit/uidevice/1620044-model )
      "os_version": "14.2",
      "model": "iPhone10,3",
      "idfv": "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
      "language": "ja-JP",
      "screen": {
        "width": 375,
        "height": 812
      }
    },
    "module_info": {
      "in_app_messaging": "2.8.0",
      "crash_reporting": "2.2.0",
      "core": "2.11.0",
      "variables": "2.1.0",
      "remote_notification": "2.4.0",
      "visual_tracking": "2.2.0",
      "utilities": "3.2.0"
    }
  }
}

system_info.modelにはunameで取得した値のmachineがセットされます。取得した値と機種の対応は公式のものはないため、自社の責任でご利用ください。
※各fieldの詳しい内容については開発者向けドキュメントをご覧ください。

Androidの場合

{
  "app_info": {
    "version_name": "1.0",
    "version_code": 1,
    "karte_sdk_version": "2.6.1",
    "package_name": "io.karte.android.sample",
    "system_info": {
      "os": "Android",
      "os_version": "9",
      "device": "HWANE",
      "brand": "HUAWEI",
      "model": "ANE-LX2J",
      "product": "ANE-LX2J",
      "aaid": "xxxxxxxxx",
      "language": "ja-JP",
      "screen": {
        "width": 360,
        "height": 760
      }
    },
    "module_info": {
      "inappmessaging": "2.7.0",
      "notifications": "2.4.0",
      "variables": "2.2.0",
      "visualtracking": "2.1.0",
      "core": "2.6.1"
    }
  }
}

system_info.osにはiOSAndroidのいずれかが入ります。
※各fieldの詳しい内容については開発者向けドキュメントをご覧ください。

module_infoについて

v2 SDK以降では、機能毎にモジュールを提供しております。
アプリに導入済みのモジュールについては、app_info内にあるmodule_infoを参照することで、モジュール名とモジュールのバージョンを確認することができます。
モジュールとmodule_infoにおけるキー名の対応については、開発者向けドキュメントをご覧ください。

※v1 SDKについてはmodule_infoは存在しません。