前提

  • イベントについての理解 +support: イベント概要

ユーザーの性質

KARTEの計測タグが入っているサイトにお客様がアクセスすると、KARTEが独自のID(visitor_id)を発行し、それ以降同じ「ユーザー」として認識し続けます。
同じユーザーとして認識し続けるために、KARTEは顧客のブラウザのCookie及びLocalStorageを利用します。

  • ブラウザのCookie及び、LocalStorageでユーザーの同一性を特定している
    • つまり、同じお客様でも、別のブラウザ(PCとスマートフォンなど)でアクセスすると、別のユーザーとして認識される
  • 同じユーザーとして保持し続ける期限はX日

ユーザーの種類・ビジターとメンバー

ユーザーには大きく2種類に大別されます。
初めてサイトにアクセスしたお客様は「ビジター」と呼ばれます。
その後、ログインするなどして、ユーザーID(ユニークなお客様管理番号・ID)がKARTEに送信されると、それ以降「メンバー」と呼ばれます。

  • ビジター:ログインを行っていない、Anonymousなユーザー IDはKARTEが付与したvisitor_id
  • メンバー:ユーザーIDがKARTEに送信されたユーザー IDはサイト固有のuser_id

ユーザーのマージ(併合)

ビジターにユーザーIDが送信されメンバーに昇格する際に「ユーザーのマージ」が発生します。
マージが発生すると、それまでのユーザーのすべてのイベント情報がメンバーに合併されます。

複数のビジターユーザーで「同じユーザーID」が送信されてもマージが発生し、その場合、過去のイベントサマリも含め、それぞれのビジターとしてのユーザー行動が合併されます。

null