KARTE Liveでは、録画用スクリプトの読み込みと実行をするための接客サービスを配信します。
こちらの記事ではその機能詳細について記載しております。
配信までの初期セットアップの流れについてはこちらの記事をご確認ください。

ユーザー行動の動画データ保存方法について

概要

録画用スクリプト(JavaScript)をエンドユーザーのブラウザ上で実行すると、HTMLの変更やマウスのイベントを検知してその情報が保存用のサーバーに送信されるようになります。再生する際にはその情報を元に、管理画面上の再生画面で同じHTMLを生成し再現します。

従って、現状の仕様では外部リソース(htmlからリンクで呼んでいるもの)は保存していないため、元のリンクが切れたら表示がなされません。リンク画像がなくなったり、リンクされているcssに変更があるとスタイルが崩れる可能性があります。

仕様の詳細・個別シーンについてご質問がある場合には弊社担当・チャットサポート窓口までお問合せください。

対象ユーザー

前述の通り、KARTE Liveでは接客サービスとしてスクリプト配信(以下KARTE Live用スクリプト)を行います。
従って、通常の接客サービスと同様にセグメントや配信トリガーを指定することで、特定のページや特定のユーザーのみを録画の対象とすることができます。

動画データの単位

KARTE Liveで表示される動画はセッションの単位です。
Live_sessionという独自のセッションを用いており、下記の条件発生時に新しいセッションに切り替わります。

  • 5分間、該当ユーザーに新たなイベントがまったく発生しなかったタイミング
  • 録画開始から3時間(180分)経過したタイミング
  • 別のドメイン、またはサブドメインページに遷移したタイミング(そのドメインでの行動は別の動画・別のLive_sessionとして生成されます)

動画データの保存期間

KARTE Liveで生成される動画データは直近1日(24時間)分、または直近60日分(※)のみ保存されます。保存期間を超えると過去に作られたデータであっても再生ができなくなりますので、ご注意ください。

※上記保存期間は有償オプションのKARTE Liveでの仕様です。
無償版をご利用中の場合は、前半記載の通り直近1日間(24時間)の保存期間となります。

KARTE Live無償版の利用詳細についてはこちらのドキュメント、及びドキュメント内でご案内している「Live インストール画面」記載の内容についてもご参照ください。