KARTE Blocksの設定には、専用のChrome拡張機能が必要です。
本ページを参考に必ずインストールをお願いします。

Chrome拡張機能でできること

Chrome拡張機能を使うことで、次のことが可能になります。

  • Webページ上でのブロックの個別登録
    • 実際のWebページ上から更新したいブロックを選択して登録することができます。
  • 配信前のリアルタイムプレビュー
    • Blocksでのコンテンツを本番に配信する前に、実際のページ上での表示をプレビューで確認することができます
    • 変更しているブロックがページ上のどこに該当するのかを、直感的に確認することができます
  • 配信条件別の表示確認
    • 「配信条件」と「パターン」を設定することで、​公開中のブロックを配信条件、パターン別に確認することができます。
  • ブロックパフォーマンスでのブロックの個別、自動登録
    • ブロックパフォーマンスで計測したいブロックを登録することができます。
  • 共有URLの発行
    • プレビューURLを発行することで、ブロックの設定内容を共有することができます。配信前の非公開の状態でも共有可能です。

インストール方法

拡張機能の利用方法

拡張機能の起動方法は、下記のいずれかです。

1. ページ上で拡張機能のアイコンをクリックして起動する
2. Blocks管理画面からページに遷移する

1. ページ上で拡張機能のアイコンをクリックして起動する

Chrome拡張機能のアイコンをクリックすると、下記のようなモーダルが表示されます。

null

Blocksタグが入ってる、かつページ登録されているページ上でプレビューボタンをクリックすると、下記のようにツールバーが表示されます。

null

2. Blocks管理画面からページに遷移する

Blocks管理画面内のリンクからページに遷移することで、Chrome拡張機能が起動した状態でページを表示することができます。各機能の説明は下記をご覧ください。

拡張機能がうまく動作しない場合は?

ご利用されている拡張機能のバージョンが最新版かどうか確認してください。
最新版にも関わらず動作がおかしい場合は、チャットサポートよりお問い合わせください。

また、拡張機能に関するよくある問い合わせはこちらにもまとまってます。

バージョンの確認と更新方法

「ブロックス設定」→「拡張機能」より、現在利用中の拡張機能のバージョンを確認することができます。

null

最新バージョンは、こちらのページの下部から確認できます。

null

最新バージョンではない場合は、ブラウザ右上の「︙」→「その他の設定」→「拡張機能」を選択し、右上の「デベロッパーモード」をONします。

null

null

その後、Chromeの拡張管理のページからKARTE Blocksの「詳細」をクリックします。更新ボタンをクリックすることでバージョンがアップデートされます。

null

もしくはChromeを再起動することで、バージョンを最新版に更新できます。

次のステップ

拡張機能のインストールが完了したら、「ページを登録する」にお進みください。