KARTE Blocksの初期セットアップについてまとめたページです。

- 本機能はβ版となります。今後予告なく仕様変更になる場合がありますのでご了承ください。
- ご利用時はGoogle Chromeを利用してください。

KARTE Blocksに関するよくあるご質問・お問い合わせはこちらにまとめておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

初期セットアップ内容

Chrome拡張機能のインストール

エリアの追加時、プレビュー確認時に利用するので、以下のドキュメントを参考にまずは拡張機能のインストールをお願いします。

Blocksタグ(builder.js)の設置

  • Blocks専用の同期タグであるBlocksタグ(builder.jsを書き換え対象ページのheadタグ内に設置します
    • </head>の直前を推奨していますが、headタグ内であれば動作します
    • Blocksタグ(builder.js)と計測タグ(tracker.js)の前後関係に指定はありません
  • Blocksタグは、KARTE Blocksのグローバルナビゲーションの[設定]→[基本情報]→[タグ設定]より取得することができます。

null

null

(キャプチャ内のAPIキーの値、書き換えタグの値はダミーの値になります。)

Blocksタグ設置における注意点

  • Blocksタグ(builder.js)は同期タグのため、GTM、YTMなどのタグマネージャー経由ではなくサイトに直接埋め込むことを推奨としております。
  • 同期タグ設置に伴うリスクについて、配信前にこちらの内容を必ずご確認ください。
  • 書き換え対象ページだけではなく、効果計測を行いたいページにもBlocksタグを設置してください。
    • KARTEのゴール機能でゴールを既に作成、計測ができている場合は効果計測ページヘの設置は不要です。

Blocksタグの設定まで完了したら、サイトの配信設定を行うにお進みください。