KARTE Blocksを利用するためには、まずBlocksタグを設置する必要があります。本ページでは、Blocksタグの設置方法、及び注意点について説明します。

※ご利用時はGoogle Chromeを利用してください。対応OS・ブラウザはこちら

Blocksタグを取得する

サインアップが完了すると、以下の画面が表示されます。「コピー」ボタンからBlocksタグ(builder.js)をコピーしてください。

null

または、グローバルメニュー「ブロックス設定」→「タグ設定」画面からも同じくBlocksタグを確認することができます。

null

Blocksタグをサイトに設置する

  • サイトの<head>タグ内に設置してください。(下記の貼り付け場所を参考にしてください。)
    • </head>の直前を推奨としていますが、<head>タグ内であれば動作します。
    • (KARTE InsightとKARTE Blocksを併用している場合のみ)Blocksタグ(builder.js)と計測タグ(tracker.js)の前後関係に指定はありません。

null

Blocksタグ設置における注意点

  • Blocksタグは同期タグです。同期タグの設置にはリスクがあります。タグを設置する前にこちらを必ずご確認ください。
  • Blocksタグは、GTMなどのタグマネージャー経由ではなく サイトに直接埋め込むこと を推奨としております。詳細はこちらをご確認ください。
    • ただし、ブロックの編集・更新は行わず、計測のみを行うページはタグマネージャー経由で設置しても問題ありません(計測は非同期処理のため)。
  • Blocksタグは、サイト内のすべてのページに設置いただくことを推奨しています。
    • ご契約プランの月間ページビュー数は、タグ設置しており、かつ管理画面からページ登録したページ数のページビュー数の合計です。タグ設置されていても管理画面内でページ登録していないページはページビュー数のカウント対象にはならないので、ご安心ください。詳細はこちらをご確認ください。
  • 対象ページを限定してBlocksタグを設置することも可能ですが、ページを絞る場合は以下の点にご留意ください。
    • パーソナライズ配信をする際には、タグ設置済みページの行動データを利用します。タグが設置されていないページの行動データは利用できません。
    • 購入や会員登録などゴールとして効果測定したいページにも必ずタグを設置してください。タグを設定しないと、配信後の効果測定時にゴールと紐づけて効果を見ることができません。

次のステップ

Blocksタグの設置が完了したら、「Chrome拡張機能をインストールする」にお進みください。

#karte_blocks