KARTE Blocksの利用を開始するためには、Blocksタグを設置する必要があります。本ページでは、Blocksタグの設置方法、注意点について説明します。

- 本プロダクトはβ版となります。今後予告なく仕様変更になる場合がありますので予めご了承ください。
- ご利用時はGoogle Chromeを利用してください。

Blocksタグを設置する

  • グローバルナビゲーションの「ブロックス」→「ブロックス設定」→「タグ設定」から、Blocksタグ(builder.js)を確認することができます。「コピー」ボタンからタグの中身をコピーしてください。

null

null

  • コピーしたタグをサイトの<head>タグ内に設置してください。
    • </head>の直前を推奨としていますが、<head>タグ内であれば動作します。
    • (KARTEとBlocksを併用している場合のみ)Blocksタグ(builder.js)と計測タグ(tracker.js)の前後関係に指定はありません。
    • 画面内にタグの貼り付け場所を参考に載せておりますので、併せてご確認ください。

Blocksタグ設置における注意点

  • Blocksタグ(builder.js)は同期タグです
    • Googleタグマネージャーなどのタグマネージャー経由ではなくサイトに直接埋め込むことを推奨としております。 詳細はこちらをご確認ください。
    • 同期タグ設置にはリスクがあります。タグを設置する前にこちらを必ずご確認ください
  • 対象ページを限定してBlocksタグを設置することも可能ですが、ページを絞る場合は以下の点にご注意ください。
    • タグを設置したページ以外の行動データを取得できないので、ユーザー行動に基づいたセグメント条件を指定する際に影響が出る可能性がある
    • タグ設置したページ以外のゴールは計測できないので、ゴールページにタグを設定しないと配信後の効果計測に影響が出る
      • ※KARTEと併用する場合は、KARTEのゴールを利用できます

次のステップ

Blocksタグの設置が完了したら、「Chrome拡張機能をインストールする」にお進みください。