ユーザーデータ管理プラグインがインストールされたプロジェクトでは、エンドユーザーの個人情報が含まれる一部のイベントについて、通常のイベントと扱いが異なります。

2021年6月以降に利用開始されたプロジェクトには、ユーザーデータ管理のプラグインが予めインストールされています。

個人情報を含む特別なイベント (個人情報関連イベント)

  • identify
  • plugin_line_identify
    • LINE連携を行う際に発生するイベント

個人情報関連イベントが通常のイベントと異なる点

イベントデータが「紐付けテーブル」に保存される

  • 上記イベントで送られたデータは、通常のイベントデータとは異なり、「紐付けテーブル」機能の個人情報格納用テーブルに保存されます
  • 紐付けテーブル内に保存されたデータは、ユーザー単位やテーブル単位で削除できます

user_idが必須となる

  • イベント内のフィールドにuser_idを含めないと、フィールドの中身はKARTE上に保存されません

より強い権限が無いと管理画面上に表示されない

  • 「個人情報の閲覧」権限が無いアカウントでは、ユーザーストーリー画面等でも個人情報関連イベントで連携したデータが表示されなくなります

KARTEの各機能における個人情報関連イベントの扱い

セグメント

  • 個人情報関連イベントの各フィールドで利用できる統計値は、 「すべての期間」の「最新の値」 のみになります
    • 「すべての期間」以外(最新のセッション、今日など)や「最新の値」以外(最初の値、上位30件など)は設定しても条件にマッチしません

null

接客サービス

  • 接客サービスの配信トリガー条件に個人情報関連イベントのフィールドを設定することはできません

null

イベント画面

  • 個人情報関連イベントでは、[スキーマ]タブのサンプル値は表示されません

ユーザーストーリー画面のイベントデータ

  • user_id以外の連携したフィールド値は確認することができません
    • 実際の値は紐付けテーブル画面からご確認ください

null

ユーザーストーリー画面のユーザーデータ

  • 次のような権限があれば、個人情報関連イベントのフィールド値も表示されます
    • 紐付けテーブルの閲覧制限がOFFの場合
      • 個人情報の閲覧権限
    • 紐付けテーブルの閲覧制限がONの場合
      • 個人情報の閲覧権限と紐付けテーブルの管理権限

null

ユーザーリスト画面のユーザーデータ

  • ユーザーストーリー画面のユーザーデータと同様の扱いです

その他関連ドキュメント

FAQ

個人情報として扱いたくない属性情報を連携するには?

  • identifyイベントの代わりに、attributeイベントを利用してください
  • ただし、個人情報に当たるデータはattributeイベントでは連携しないでください
    • attributeイベントで送信したデータについては、通常のイベントと同様、完全な削除が難しくなるためです

user_idを含めずにidentifyイベントを発生させることはできますか?

  • JS SDKでは可能ですが、連携したフィールド値は全て無視されます
    • user_idが含まれないとKARTE上で計測しているユーザーとの紐付けが行われず、個人情報の管理、削除ができなくなるため
    • KARTE for App SDKではuser_idを含めずにidentifyイベントを発生させることはできません。

identifyイベントのフィールドをディメンションで使うことはできますか?

  • できません

identifyイベントのフィールド数の上限はありますか?

  • 紐付けテーブルに退避されるフィールドの上限数は100個までです

KARTE Datahubのクエリで個人情報関連イベントのフィールド値を参照することはできますか?

サーバーサイドのAPI経由で送信したidentifyイベントも個人情報関連イベントに含まれますか?

  • はい
  • JavaScript SDK、App SDK、サーバーサイドAPIなど、全ての経路で発生したイベントが対象となります