KARTE Blocksでは同期タグの仕組みを採用することで、表示遅延(フラッシュ)なくサイトの要素の書き換えを行えるようになっています。
一方で、同期タグを利用することにより以下のような問題が発生する可能性があるため、その内容と対応策、推奨する運用フローについてご案内します。

KARTE Blocksを利用する際には、事前にこちらの内容を必ず確認し、理解いただいた上でご利用をお願いいたします。

発生しうる問題

事象と影響範囲

同期処理のため、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • 対象ページの表示処理が止まる(画面が真っ白になる)
  • 対象ページのcssが崩れる
  • 書き換え対象の要素が表示されない
  • 書き換えが正しく行われない(書き換え前のオリジナル画像が出てしまう等)

発生する可能性

サイトの構造にもよるので、どれくらいの可能性があるかということを明言することはできません。

そのため、以下に示すようなプレビュー確認、テスト配信、サンプリング配信を行うことで、自サイトで問題なく動作するかを検証・ご確認の上、ご利用いただくことを強く推奨いたします。

対応策と運用フロー

Blocksタグ(builder.js)を設置する際の注意点

Blocksタグの設置方法についてはこちらをご確認ください。

Blocksタグは、設置後にブロックの設定を行う前でも処理が動く仕様になっています。もし万が一、タグ設置後に上記にあるようなページ表示処理の停止やページ崩れ等の問題が発生した場合には、すみやかに以下どちらかの対応を行うことで、影響を最小限に留めることができます。
(厳密には、タグ設置後に一度でも管理画面上で、「変更内容をサイトに配信ボタン」を押すと、それ以降ユーザーがページにアクセスした際には処理が動く仕様。配信ボタンを一度も押していない状態だとBlocksタグは何も動作しない)

  • Blocksタグを外す
  • 以下で説明する、緊急停止機能を利用して書き換えタグの動作を無効化する
    • 管理画面上からワンクリックで無効化できるため、エンジニアの工数が必要なくすぐに対応可能です。

配信時の検証と段階的な配信フロー

KARTE Blocksで配信する際には、以下の運用フローに沿って検証しながらご利用を進めてください。
プレビュー確認 → テスト配信 → サンプリング配信という流れで進めていただくことで、より安全にご利用いただけます。

  • プレビュー確認
    • Chrome拡張のプレビュー機能を利用して、本番配信前に書き換えエリアや書き換え条件の設定が間違ってないか確認する
  • テスト配信
  • サンプリング機能による段階的な配信
    • サンプリング機能を利用して配信割合を小さくしてまず配信を行い、問題ないことを確認できたら段階的に配信割合を広げていく(全体トラフィックの数%程度で配信→徐々に30%→50%→100%と広げていく)

問題発生時の緊急停止

  • 緊急停止機能
    • 万が一、本番配信後に上記のような問題が発生した場合は、緊急停止機能を利用して同期タグの配信自体を止めるができます。
    • 管理画面上からワンクリックで無効化できるため、エンジニアの工数が必要なくすぐに対応可能です。
    • 緊急停止機能は以下の手順でご利用できます。

緊急停止機能の利用手順

  • KARTE Blocksのグローバルナビゲーションから「設定」をクリック

null

  • 基本設定→配信→配信制御から「配信停止」ボタンをクリック

null

(配信再開される場合は「配信再開」ボタンをクリックしてください)

null