KARTE Blocksでは、ブロックの更新や効果測定を行うためにまずページを登録します。この記事では、ページの登録方法、注意点について説明します。

ページを登録する

画面中央、または右上の「ページを登録」をクリックして新規ページを登録します。

null

ページを登録には、以下2種類の方法があります。

  • 単一のページを登録する
  • 複数のページをまとめて登録する

それぞれの設定方法について、以下でご説明します。

単一ページを登録する

例えば、サイトのトップページやキャンペーンページ、広告用のランディングページなど、特定の1ページを登録するケースです。
ページ名と登録したいページのURLを入力し、保存をクリックだけで完了です。
※URLの条件は、単一ページを登録する場合は特に意識する必要はありません。

null

※URLを入力する際はhttphttpsか、wwwが付くか付かないかなどを予めご確認ください。

複数ページをまとめて登録する

例えば、商品詳細ページのように同じテンプレートからなる複数ページを束ねて登録するケースです。複数ページをまとめて計測・更新したい場合は、こちらの方法で可能です。

  • URL
    • ここで入力したURLが、ブロック編集時のプレビューで利用されるため、単一ページのURLで指定してください(例えば、商品詳細ページの場合、任意の商品Aの詳細ページのURLを指定してください)
  • URLの条件
    • 詳細設定ボタンをクリックすると、URLの条件として設定可能な4つの項目、URL/オリジン/パス/クエリ文字列をANDとORで組み合わせて指定することができます。一致条件は、完全一致、部分一致、前方一致、後方一致など柔軟に指定可能です。また正規表現でも指定できるため複雑な条件指定にも対応できます。
    • URLの解釈は次のように行われます。例えばURLがhttps://admin.karte.io/blocks/project/?KARTE=trueの場合、Blocksでは、ページを以下のように解釈します。

null

上記仕様を踏まえ、実際の利用シーンを想定したサンプルケースをみてみましょう。

サンプルケース1

商品詳細ページが以下のようにパスで区切られているケースで、商品詳細ページをまとめて登録したい場合
https://example.com/item/detail/12345 (12345の部分が商品ID)

以下イメージのように、オリジンの完全一致に加えて、パスの部分一致で /items/detailまでを指定することで、 /detail以下(12345の部分)がどのようなパターンであっても一致するような条件を作成することができます。

null

サンプルケース2

商品詳細ページが以下のようにクエリ文字列で区切られているケースで、商品詳細ページをまとめて登録したい場合
https://example.com/item/detail?item_id=12345

以下イメージのように、オリジンとパスの完全一致での指定に加えて、クエリ文字列の部分一致で item_idを指定することで、クエリ文字列の値(12345の部分)がどのようなパターンであっても一致するような条件を作成することができます。
null

クエリ文字列を指定する際の注意点

  • サイトや広告等の設定内容によっては、想定していないクエリ文字列が付与される場合があります。また、クエリ文字列は基本的に順番が保証されないので「に等しい(完全一致)」や「と先頭が一致(前方一致)」で設定してしまうと条件に合致しないことがあります。クエリ文字列の値を条件に設定する場合は、可能な限り「を含む(部分一致)」で設定することを推奨しています。
  • クエリ文字列(例:?hoge=fuga)が含まれているページを運用したい場合、以下の2種類の方法があります。どちらでも設定自体は可能ですが、目的に合った使い分けをしてください。
    • ①ページで切り分けて運用する
      • ページ登録時に対象のクエリ文字列を指定する方法
    • ②配信条件で切り分けて運用する
      • ページのURL条件にはクエリ文字列は含めずに設定し、対象のクエリ文字列を指定したセグメントを作成し、配信条件で設定する方法(参考:セグメントを作成する
      • セグメントはページ横断して利用できるため、作成したセグメントを他ページでも使いまわすことができる
      • ブロック配信後の効果測定のレポートはページ単位で確認する仕様のため、数値を一つの画面内で横並びで確認することができる

ページを編集、削除する

サイト右側の「...」ボタンより、ページの編集、削除が可能です。

null

ページの優先度を変更する

ドラッグ&ドロップでページの優先度を変更することができます。

null

  • 設定されているURL条件が複数のページ間で重複した場合、優先度が高いページの設定内容が優先されます。
  • ページを新規で登録すると、現在登録されているページの中で優先度が一番低い状態で保存されます。
  • 優先度は後から変更可能です。

優先度変更時の注意点

優先度の高いページの設定内容が優先されるのは、オリジナルブロックの場所(CSSセレクタ)が全く同じブロックを複数ページで設定している場合のみです。 また、その際ブロックに設定されている配信条件は影響しません。 つまり、ブロック間で配信条件が異なっていても、同じオリジナルブロックを設定していた場合は、ページ優先度の高い方の設定が優先されます。

サンプルケース1

  • ページA
    • 優先度1
    • オリジナルブロックaのブロックを非公開で設定
  • ページB:
    • 優先度2
    • オリジナルブロックaのブロックを公開で設定

この場合、ページAの設定内容が優先されるので、ブロックは非公開のままになります。

サンプルケース2

  • ページA
    • 優先度1
    • オリジナルブロックaのブロックを非公開で設定
  • ページB:
    • 優先度2
    • オリジナルブロックbのブロックを公開で設定

この場合、ページAとページBで設定しているオリジナルブロックが異なるので、ページの優先度に関係なくブロックは公開されます。

ページを検索する

ページ一覧画面左上での検索フォームから、該当のページを検索できます。また、検索ワードの履歴が残るので、よく編集するページにもすぐにアクセスできます。

null

#karte_blocks