KARTE Signalsでは、KARTE DatahubのデータをMarketing API Custom Audienceを経由してFacebook広告に連携することができます。ここではその連携方法について説明します。

できること

  • KARTE Datahubで作成したセグメントまたはユーザーリストからFacebookのカスタムオーディエンスを作成する(リターゲティング

事前準備

Facebook広告に送るためのデータ作成・送信設定

データ作成

  • Facebookに送るためのユーザーリストを作成します。
    クエリ > 作成 > コレクションから作成 > すべてのクエリ > 「Facebook Marketing API Custom Audience連携」 テンプレートクエリを選択し「このクエリを利用」をクリック
    null
  • クエリの「パラメーター設定」を定義変更し、Facebookに送るためのクエリを作成してください。
パラメーター名 説明
◯日前までのデータを利用する 使用するデータの期間
オーディエンスの参照データ設定 送信したい参照データの種類
対象セグメント 送信したい対象セグメント
対象イベント 送信したい対象イベント名

※メールアドレス, 電話番号はidentifyイベントに当該情報を送っていることを前提にしております。
※セグメントやイベントではなく、独自のユーザーリストを作成したい場合はクエリコレクションを適宜変更してください。

クエリコレクションで送信できる値

クエリコレクションで送信できる値の定義は以下Meta社のドキュメントを参考にしてください。
カスタマーファイルカスタムオーディエンス

送信設定

  • KARTE Datahubのグローバルナビゲーションからジョブフロー > 作成ボタンをクリック
    • ジョブの追加ボタンをクリックし、データテーブルからエクスポートを選択
    • エクスポート先で外部サービスを選択し接続先の作成・管理をクリック
    • 作成からFacebook Marketing API Custom Audienceを選択
      ※Facebook Marketing API Custom Audienceが表示されない場合は営業担当に問い合わせください
    • Marketing API経由で連携する際の媒体側の事前設定でコピーしたピクセルID、アクセストークンを貼り付けて保存をクリックし、接続先に設定をクリック
  • クエリの選択では「データ作成」で作成したクエリを選択し、完了ボタンをクリック
  • その他ジョブフローの設定画面に「実行方法を選択」や「ジョブフローの設定」は適宜記入してください

送信確認

  • 作成したオーディエンスにユーザーリストが追加されていれば連携は無事完了です。