特定の条件に一致するユーザーに接客サービスを配信するためやサイトに来ているユーザーを分析するために、サイトに合わせた独自のカスタムセグメントの作成が欠かせません。このページでは3つの具体的なセグメントを例に一緒にカスタムセグメントを設定してみましょう。

  • Case1: 前回直帰したユーザー
  • Case2: 特定の接客サービスを表示したユーザー
  • Case3: 最終CVが30日以上前のユーザー

事前準備

    1. グローバルナビゲーション「インサイト」 > セグメントでセグメントページへ遷移
      null
    1. セグメントページ内「セグメントを作成」をクリック
    1. セグメント作成画面で、下記項目を入力します
      • セグメント名(必須): 接客サービスで設定する際など管理画面内で表示されるので、わかりやすい名前をつけましょう
      • 説明(任意): 他の人がセグメントの内容や目的をすぐに理解できるよう、説明文を入れておくと便利です
      • 追加先のフォルダ(必須): セグメントは必ずいずれかのフォルダに紐付く必要があります。フォルダはセグメント作成後に変更することも可能なので、まずはすでにあるフォルダを選択して、完成後に改めて必要なセグメントフォルダを作成することもできます。
        null
    1. 以降は、各Caseの設定内容を見ながら必要な項目を設定してみましょう。

Case1: 前回直帰したユーザー

前回直帰してしまったユーザーかを知っておくと、再度直帰せぬよう回遊促進の接客サービスをするなど、次につながるよう施策を検討することができます。

  • 設定内容
    • 前回のセッション > 閲覧 > セッション内のページビュー数(PV数)> 1 > に等しい
      null

Case2: 特定の接客サービスを表示したユーザー

特定の接客サービスを表示したユーザーを知っておくことで、類似する接客サービスがある場合に重複した接客を回避することができます。また、このセグメントを活用することで「接客サービスAを受けた後、接客サービスBを表示」といったステップ接客サービスようなシナリオを考えることもできます。

  • 注意点
    • 対象の接客サービスを一度でも配信した後でなければ対象の接客サービス名を選択することができず、セグメントを作成ができません。自分向けにテスト配信をして見るなど、こちら を参考に本番でテスト配信をしてからセグメントを作成しましょう。
  • 設定内容
    • すべての期間 > 接客サービスを表示 > 接客サービス名 > 上位30件 > 接客サービス名 > に等しい
      null

Case3: 最終CVが30日以上前のユーザー

最後のコンバージョンから一定期間以上経過してしまっているユーザーをセグメントにしておくことで、最終コンバージョン後どの程度アクセスしてきているか、どういった行動をしているのか、分析するときにも活用できます。また、クーポンの配布など再コンバージョンに向けた施策にも利用できるので、ポイントとなる期間を指定してセグメントを作成しておきましょう。

  • 注意点
    • コンバージョンイベントに該当するイベントを一度でも計測していなければ、セグメントで対象のイベントを選択することができず、セグメントを作成することができません。こちら を参考に対象のイベントが発生していることを確認してから、セグメントを作成しましょう。
  • 設定内容
    • すべての期間 > コンバージョンイベント(画像内「CV」) > 送信日時 > 最新の値 > 30日まで
      null

最後に、頻出セグメントなど様々なセグメントの項目案や設定方法についてこちら に記載しています。合わせて確認してみてください。