このページでは、よく利用されるセグメントとその設定例について、実際のユースケースに沿って紹介します。

※セグメントの作成方法についてはこちらをご確認ください。

パーソナライズ例

  • 来訪回数によって分けたい
  • ユーザーのモチベーションによって分けたい
  • 流入元によって分けたい
  • 特定のページを閲覧したかどうかで分けたい

来訪回数によって分けたい

初回来訪

「初回来訪」というプリセットセグメントが予め用意されているので、こちらを活用してください。

null

関連するセグメントと設定例

セグメント名 説明 条件
2回目の来訪 すべての期間での2回目来訪 すべての期間 > タイムウィンドウ変更 > 来訪回数(セッション発生回数) > 2に等しい
3回目の来訪 すべての期間での3回目来訪 すべての期間 > タイムウィンドウ変更 > 来訪回数(セッション発生回数) > 3に等しい
4回目の来訪 すべての期間での4回目来訪 すべての期間 > タイムウィンドウ変更 > 来訪回数(セッション発生回数) > 4に等しい
5回目の来訪 すべての期間での5回目来訪 すべての期間 > タイムウィンドウ変更 > 来訪回数(セッション発生回数) > 5に等しい
6回以上 - 10回未満の来訪 すべての期間での6回以上、10回未満の来訪 すべての期間 > タイムウィンドウ変更 > 来訪回数(セッション発生回数) > 6以上、10未満
10回以上来訪 すべての期間での10回目以上の来訪 すべての期間 > タイムウィンドウ変更 > 来訪回数(セッション発生回数) > 10以上

ユーザーのモチベーションによって分けたい

モチベーションが高いという状態を例えば以下のように定義することで、そのユーザーに対してのパーソナライズが行えます。

条件設定例

  • 1回のセッション内で10pv以上閲覧している
  • 今日2回来訪している
  • 直近7日間で5回以上来訪している

1回のセッション内で10pv以上閲覧している

  • 最新のセッション > 閲覧 > 閲覧ページのURL > 送信回数
  • 「10」「以上」

null

今日2回来訪している

  • 今日 > タイムウィンドウ変更 > 来訪回数(セッション発生回数)
  • 「2」「等しい」

null

直近7日間で5回以上来訪している

  • 直近7日間 > タイムウィンドウ変更 > 来訪回数(セッション発生回数)
  • 「5」「以上」

null

関連するセグメント

セグメント名 説明 条件
セッション内のPV数 (5以上10未満) 最新のセッション内でのPV数が5以上、10未満 最新のセッション > 閲覧 > 閲覧ページのURL > 送信回数 > 5以上、10未満
今日2回来訪 今日の来訪回数が2回 今日 > タイムウィンドウ変更 > 来訪回数(セッション発生回数) > 2に等しい
直近4週間で10回以上来訪 直近4週間で来訪回数が10回以上 直近4週間 > タイムウィンドウ変更 > 来訪回数(セッション発生回数) > 10以上

流入元によって分けたい

下記のように、サイトの流入元によってコンテンツを出し分けたいケースの設定方法になります。

  • Facebookから流入した
  • キャンペーンAのリスティング広告から流入した

Facebookから流入した

「流入元(Facebook)」というプリセットセグメントが予め用意されているので、こちらを活用してください。

null

  • プリセットセグメントの条件はリファラーがFacebookからの流入すべてに合致します。Facebook内で広告を複数パターン出稿し、そのパターン別に出しわけを行いたい場合は、後述する「閲覧ページのクエリ文字列」で指定してください。
  • リファラー元のページと遷移先のページが別ドメインの場合、セグメントの条件で指定できるのはページのオリジンまでになるので、ページのパス、クエリパラメータなどは含まれません。(同一ドメインの場合は含まれます。)
  • ネイティブアプリやメールからの流入の場合、「参照元のホスト」が取得できません。代わりに遷移先のURLにクエリパラメータを含めた上で、「閲覧ページのクエリ文字列」をセグメントの条件に指定してください。

キャンペーンAのリスティング広告から流入した

  • すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのクエリ文字列 > 最新の値
  • 「(実際のクエリ文字列が入ります)」を「含む(部分一致)」

null

  • サイトや広告の設定内容によっては、想定していないクエリ文字列が付与される場合があります。また、クエリ文字列は基本的に順番が保証されないので「に等しい(完全一致)」や「と先頭が一致(前方一致)」で設定してしまうと条件に合致しないことがあります。クエリ文字列の値を条件に設定する場合は、可能な限り「を含む(部分一致)」で設定することを推奨しています。

関連するセグメントと設定例

セグメント名 説明 条件
流入元 (email) メールからの流入 すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのクエリ文字列 > 最新の値 > utm_mediumがemailに等しい
流入元 (social) ソーシャルメディアからの流入 すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのクエリ文字列 > 最新の値 > utm_mediumがsocialに等しい
流入元 (display) ディスプレイ広告からの流入 すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのクエリ文字列 > 最新の値 > utm_mediumがdisplayに等しい
流入元(instagram) instagramからの流入 すべての期間 > 閲覧 > 参照元のホスト > 最新の値 > instagram.comを含む

特定のページを閲覧したかどうかで分けたい

特定ページの閲覧行動によってセグメントを設定することで、ユーザーの属性情報を取得せずともパーソナライズが可能になります。

条件設定例

  • 会員ユーザーしかアクセスしかできないページを閲覧した→会員ユーザー
  • 購入完了ページを閲覧した→購入経験ありユーザー
  • 特定のカテゴリページを何回も見た→特定のジャンルに興味があるユーザー

会員ユーザーしかアクセスしかできないページを閲覧した

  • すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのパス > 一致回数
  • 「(実際の会員限定ページのパスの値が入ります)」が1以上

null

※会員限定ページの閲覧=会員ユーザーと見なせる場合の設定になりますので、予めご認識ください。

購入完了ページを閲覧した

  • すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのパス > 一致回数
  • 「(実際の購入完了ページのパスの値が入ります)」「1」「以上」

null

※購入完了ページの閲覧=購入完了していると見なせる場合の設定になりますので、予めご認識ください。

特定のカテゴリページを10回以上閲覧した

  • すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのパス > 一致回数
  • 「(実際の特定カテゴリページのパスの値が入ります)」が10以上

null

関連するセグメントと設定例

セグメント名 説明 条件
購入経験なし すべての期間で購入経験がない すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのパス > 一致回数 > /purchase/completeが0に等しい
会員登録済み すべての期間で会員登録済み すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのパス > 一致回数 > /signup/completeが1以上
会員登録なし すべての期間で会員登録していない すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのパス > 一致回数 > /signup/completeが0に等しい
今日購入した 今日購入済み 今日 > 閲覧 > 閲覧ページのパス > 一致回数 > /purchase/completeが1以上
1週間購入なし 直近7日間で購入していない 直近7日間 > 閲覧 > 閲覧ページのパス > 一致回数 > /purchase/completeが0に等しい
特集ページを1回見た すべての期間で特集ページを1回閲覧している すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのパス > 一致回数 > /campaignが1に等しい
お問い合わせページを3回以上見た すべての期間でお問い合わせページを3回以上閲覧している すべての期間 > 閲覧 > 閲覧ページのパス > 一致回数 > /inquiryが3以上

※ページのパスをそれぞれ下記と仮定

  • 購入完了ページのパス:/purchase/complete
  • 会員登録完了ページのパス:/signup/complete
  • お問い合わせページのパス:/inquiry
  • 特集ページのパス:/campaign