Blocksセグメントを活用することで、ブロックの配信対象ユーザーを柔軟に設定することができます。来訪回数、参照元、クエリ文字列、OS名など、よく利用されるBlocksセグメントは予め用意しており、作成なしに活用できます。自分で条件を指定して新しくセグメントを作成することも可能です。

Blocksセグメント画面でセグメントを作成し、作成したセグメントを配信条件作成時に設定することで任意の条件での出し分けが可能になります。
このページでは、Blocksセグメントの作成までの流れを以下で説明します。

(KARTE Insightを併用している場合のみ)
KARTEのセグメントとBlocksセグメントはそれぞれ仕様が異なります。両者の違いについてはこちらをご確認ください。

画面の説明

null

  • 1. 「すべて」「未分類」
    • すべて:予め用意されているセグメント、新規作成したセグメントすべてが一覧で表示されます
    • 未分類:セグメント作成時にフォルダを指定しなかった場合、未分類として表示されます
  • 2.フォルダ
    • フォルダ名の一覧が表示されます。フォルダを作成から任意のフォルダを作成することができます
    • フォルダ名の編集、削除も可能です
  • 3. プリセットセグメント
    • 来訪回数、デバイスなどよく利用されるセグメントがプリセットされています。
    • プリセットセグメントは編集、削除ができません。
  • 4.セグメント名
    • セグメント名が表示されています
  • 5.説明
    • セグメントの説明が表示されています
  • 6.条件
    • セグメントの具体的な条件が表示されています
  • 7.更新日時
    • セグメントの最終更新したユーザーと更新日時が表示されます
    • 予め用意されたセグメントについてはユーザーがいないので「ー」と表示されます

フォルダを作成する

セグメント一覧画面左下のフォルダを作成からフォルダを作成することができます。
名前は、識別しやすい任意の名前をつけてください。

null

セグメントを作成する

新規で作成する

セグメント一覧画面右上の「セグメントを作成」ボタンをクリックすると、セグメントの新規作成ができます。

null

null

  • セグメント名:識別しやすい任意の名前を入力
  • フォルダ:セグメントを管理したいフォルダをプルダウンで選択
  • 説明:セグメントの説明を入力
  • 条件:下記4つの項目の組み合わせで定義します。

null

  • 1.期間
    • どの期間のイベントを扱うか、対象の期間を指定する。
  • 2.イベント
    • どのイベントを扱うかを指定する。
  • 3.フィールド
    • どのフィールドを扱うかを指定する。フィールドはイベントに紐づいたkey/value。
  • 4.統計値
    • どの統計値を扱うかを指定する。 最新の値 | 一つ前の値 | 最初の値 | 送信回数 | 一致回数 から指定可能。

設定したら、右上の保存ボタンをクリックして保存します。

複数の条件を掛け合わせたい場合、Blocksセグメントで指定できるのはAND条件のみとなります。OR条件で指定したい場合は、各条件ごとにセグメントを作成し、配信条件を設定する際に「または」で指定してください。

null

既存のセグメントをコピーして作成する

対象のセグメントをコピーして作成することも可能です。セグメントの条件が近しい場合などはコピーして作成すると便利です。対象のセグメント右の「...」→「コピーして作成」から作成してください。

null

作成したBlocksセグメントを配信条件で設定する方法はこちらをご確認ください。

フォルダ名の編集、削除

任意のフォルダ名横の「...」よりフォルダ名の編集、削除が可能です。

null

フォルダを削除した場合、フォルダ内のセグメントは削除されずに未分類に移動します。

セグメントの編集、削除

任意のセグメントを選択し、横の「...」よりセグメントの編集、コピーして新規作成、削除が可能です。
プリセットセグメントは編集、削除はできません。

null

セグメントが配信条件で利用されていると、下記のように編集モーダル内に、配信条件が設定されているページ名と配信条件名、公開・非公開ステータスが表示されます。

null

配信条件に設定されているセグメントは削除することができません。 削除しようとすると下記のようなアラートが表示されます。

null

注意点

  • Blocksセグメントは、作成後に計測されたデータを利用します。作成前の行動データを遡って集計はしません。後から利用したくなるものは、先に作成しておくことをお勧めします。
  • Blocksセグメントのセッションは、30分間です。30分間なにもイベントが発生しない場合、新しいセッションに切り替わります。
  • サイトに訪問したユーザーのセグメント情報は、ユーザーが利用するブラウザのLocalStorageに保存されます
    • safariにおいてはITPの制限により、LocalStorageの保持期間は7日間のため、7日間全くアクセスがないと別のユーザーとして扱われます。ITPの影響についてはこちらをご確認ください。
    • 異なるドメインを横断して同一プロジェクトのタグを設置した場合、ドメインを超えてセグメント条件を引き継ぐことはできません。
  • (KARTE Insightを併用している場合のみ)Blocksセグメントで利用しているイベント情報は、KARTEには送信されません。つまりユーザーストーリーでは表示されません。

よく利用されるBlocksセグメント

よく利用されるBlocksセグメントをユースケースにそって紹介しています。詳しくはこちらをご確認ください。