カスタムイベントタグを利用して、カート内の商品情報をKARTEに送信します。
カートの情報が取得できることで、カート落ち施策などの強力な施策が実行できるようになります。

カートタグを設置する場所

ショッピングカートページに設置してください

カートタグは必ず計測タグの後に実行されるように設置する必要があります

カートタグの設置方法

カスタムタグの送信方法に準拠して、タグを送信します。

カートタグの実装サンプル(カスタマイズ版)

下記はサンプルコードになります。このままコピー&ペーストをしても動作しません。
発生したカート情報にあわせて、値を出力する必要があることに注意してください。
    <script type="text/javascript">
    try{
        // 実際のアイテム数に応じて、全てのアイテム情報を出力してください
        var items = [{
            item_id: '001',
            name: 'XXXXXXXXXXXXX',
            price: 3132,
            quantity: 1,
            item_url: 'XXXXXXXXXX',
            item_image_url: 'XXXXXXXXX'
        }, {
            item_id: '002',
            name: 'XXXXXXXXXXXXX',
            price: 6372,
            quantity: 1,
            item_url: 'XXXXXXXXXX',
            item_image_url: 'XXXXXXXXX'
        }];

        // itemsの各key毎の値の配列を生成
        var item_ids = items.map( function(item) { return item.item_id; }); //配列指定
        var item_names = items.map( function(item) { return item.name; }); //配列指定
        var item_prices = items.map( function(item) { return item.price; }); //配列指定
        var item_quantities = items.map( function(item) { return item.quantity; }); //配列指定
        var item_urls= items.map( function(item) { return item.item_url; }); //配列指定
        var item_image_urls = items.map( function(item) { return item.item_image_url; }); //配列指定

        tracker.track("cart", {
            price: 9504,
            quantity: 2,
            status: true,
            item_ids: item_ids, //配列指定
            item_names: item_names, //配列指定
            item_prices: item_prices, //配列指定
            item_quantities: item_quantities, //配列指定
            item_urls: item_urls, //配列指定
            item_image_urls: item_image_urls, //配列指定
            items: items
        });
    }catch(e){
        if('tracker' in window){
            tracker.track('_error',{
                message: e.message
            });
        }
    }
    </script>

カート落ちの計測について

「カート落ち」を計測する場合、上記のカートタグに加えて追加のカスタムタグを設置する必要があります。
カート落ちの計測ではcartイベントでのstatusというパラメータ計測が基本となり、

  • カートに入った(=カートページを閲覧した)場合: status: true
  • 購入完了した(=購入完了ページを閲覧した) 場合: status: false

というパラメータを計測します。

このようなパラメータを計測することで、下記のような状態をKARTE上で識別できます。

  • 計測された”cart” の”status”がtrueであれば「カートに入ったが購入完了していない」
  • 同様に”cart” の”status”がfalseであれば「カートに入って購入完了した」
- カート内の商品を削除する場合も最新のデータが送信されるようにしてください。
- 商品一覧や商品詳細ページからカートに遷移することなく商品を投入できる場合も、カート内の最新のデータが送信されるようにしてください。

カートページで商品が削除された場合に実行するタグ

    <script type="text/javascript">
    try{
        var items = [];
        var item_ids = [];
        tracker.track("cart", {
            price: 0,
            status: false,
            items: items,
            item_ids: item_ids
        });
    }catch(e){
        if('tracker' in window){
            tracker.track('_error',{
                message: e.message
            });
        }
    }
    </script>

購入完了ページに設置するタグ

    <script type="text/javascript">
    try{
        tracker.track("cart", {
            status: false
        });
    }catch(e){
        if('tracker' in window){
            tracker.track('_error',{
                message: e.message
            });
        }
    }
    </script>