購入(buy)イベントをKARTEに送信することで、購入金額や購入商品に応じた施策を実施できるようになります。

設置する場所

Webサイトの場合、購入完了時にタグを発火する必要があります。
購入完了画面などユーザーの購入が完了したページに設置を行って下さい。

必ず計測タグの後に実行されるように設置する必要があります

タグの実装方法

下記のサンプル実装を参考に、実装してください。
実装には、JavaScriptの知識が必要になります。

※リファレンスはこちら
※タグが正常に実行されると、KARTEには「購入(buy)」という名前のイベントが発生します。

タグの実装サンプル1(シンプル版)

  • 00001というトランザクションIDで、2,000円の購入があった場合
下記はサンプルコードになります。このままコピー&ペーストをしても動作しません。
実際の購入情報にあわせて、値を出力する必要があることに注意してください。
<script type="text/javascript">
    try {
        tracker.buy({
            transaction_id: "00001",
            revenue: 2000
        });
    } catch(e) {
        if ('tracker' in window) {
            tracker.track('_error', {
                error_message: e.message
            }
        );
      }
    }
</script>

タグの実装サンプル2(カスタマイズ版)

購入された商品情報などもトラッキングしたい場合は、以下のような形でフィールドを追加してください。
なお、以下の例は購入時に複数商品を購入する際のサンプルとなります。毎回単一の商品のみを購入する際は、商品を配列ではなくイベントのフィールドとして送信する形でも設定頂けます。(後述の実装サンプル3をご参照ください。)

下記はサンプルコードになります。このままコピー&ペーストをしても動作しません。
実際の購入情報にあわせて、値を出力する必要があることに注意してください。
<script type="text/javascript">
    // 実際のアイテム数に応じて、全ての購入商品情報を出力してください
    try {
        // 購入商品情報の配列
        var items = [{
            item_id: "0001", // 商品ID
            name: "KARTE Tシャツ 黒", // 商品名
            price: 5000, // 商品単価
            quantity: 1, // 購入数量
            item_url:"https://www.example.com/item/detail/0001", // ページURL
            item_image_url:"https://image1.jpg", // 画像URL
            category: "catA", // 商品カテゴリ
            brand: "brandA" // 商品ブランド
        }, {
            item_id: "0002",
            name: "KARTE Tシャツ 白",
            price: 5000,
            quantity: 1,
            item_url:"https://www.example.com/item/detail/0002",
            item_image_url:"https://image2.jpg",
            category: "catA",
            brand: "brandB"
        }];

        tracker.buy({
            transaction_id: "00001", // トランザクションID
            revenue: 10000, // 購入金額
            items: items, // 購入商品情報の配列
            tax: 10, // 税額
            shipping: 100, // 配送料
        });
    }catch(e){
        if('tracker' in window){
            tracker.track('_error',{
                error_message: e.message
            });
        }
    }
</script>

購入(buy)イベントの標準スキーマ

イベントのフィールドは自由に変更することができますが、下記のようなKARTE標準イベントスキーマで定められたフィールドを連携することを推奨しています。
下記のフィールドを連携することで、効果計測や管理画面上でのデータ表示がリッチになるなどの恩恵を受けることができます。

フィールド名 概要
transaction_id トランザクションに紐づいたユニークなIDです。
フィールドを追加することで二重計上を防げます。
"a1b2c3" 文字列
revenue 購入金額です。
平均来訪単価の計算などに必須です。
税額、送料、手数料抜きを推奨しています。
10000 数値
items 購入商品の配列です。 (上記サンプルコード参照) 配列
items.item_id アイテムのユニークIDです。SKUなどを入れてください。 "a000" 文字列
tax 税額です。 10 数値
shipping 送料です。 100 数値
items.name 商品名です。 "KARTE Tシャツ" 文字列
items.price 商品価格です。 5000 数値
items.quantity 購入商品数です。 2 数値
items.l_category_name 商品カテゴリの大カテゴリ名です。 "インテリア" 文字列
items.s_category_name 商品カテゴリの小カテゴリ名です。 "テーブル" 文字列
items.brand_name 商品ブランド名です。 "brandA" 文字列
KARTEの標準イベントスキーマは、イベントストアにて全て定義しています。詳細は「イベントストア」のドキュメントをご参照ください。

(参考)イベントストア

注意点

  • 過去の購入(buy)イベントの削除や修正には対応していません
    • たとえば、購入のキャンセル発生時にイベントを消し込むことはできません
  • データ型によって値の記述形式が異なります。特に数値で送るデータと文字列で送るデータで間違った形でデータが送られて計測できないケースがありますのでご注意ください。

うまく取得できない場合のチェックポイント

下記ドキュメントをご覧ください。

各種カートシステムで購入(buy)イベントタグを設置する

ECサイトで下記のカートシステムをご利用の場合は、各カート専用の購入イベントタグ設置方法がございます。以下の各ページでご確認ください。