ユーザータグでuser_idを1度でも送信したユーザーは、同じブラウザでアクセスする限り、ログアウト状態であっても、ビジターではなくメンバーとして扱われます。

そのため、来訪者の現在のログイン状態を判別したい場合は、loginイベントを送信するカスタムイベントタグを設置し、状態をKARTEに送信頂く必要がございます。

タグを設置する場所

サイト上でのログイン状態が変わるタイミングで、必ず下記のようなタグが実行されるようにしてください。

タグは必ず計測タグの後に実行されるように設置してください。

タグの設置方法

タグv2は、現在一部のプロジェクトに限定して先行提供しています。
特別な案内があった場合を除いて、タグv2ではなく従来の計測タグやカスタムイベントタグ(v1)を導入してください。
https://support.karte.io/post/7E5yZwHWroaDTDmd4f0SDx

ログインした時に実行するタグ

  • タグv1の場合
<script type="text/javascript">
try {
    tracker.track('login', { status: true });
} catch(e) {
    if('tracker' in window) {
        tracker.track('_error', {
            error_message: e.message
        });
    }
}
</script>
  • タグv2の場合
<script type="text/javascript">
try {
    krt('send', 'login', { status: true });
} catch(e) {
    if('krt' in window) {
        krt('send', '_error', {
            error_message: e.message
        });
    }
}
</script>

ログアウトしたときに実行するタグ

  • タグv1の場合
<script type="text/javascript">
try {
    tracker.track('login', { status: false });
} catch(e) {
    if('tracker' in window){
        tracker.track('_error',{
            error_message: e.message
        });
    }
}
</script>
  • タグv2の場合
<script type="text/javascript">
try {
    krt('send', 'login', { status: false });
} catch(e) {
    if('krt' in window){
        krt('send', '_error',{
            error_message: e.message
        });
    }
}
</script>

注意点

  • 離脱後に自動でログイン状態が切れるサイトの場合は、次回サイト来訪時に上記「ログアウトしているときに実行するタグ」を発火させてください

セグメントの作成方法

上記タグの公開が完了したら、KARTE管理画面上で下記のようにセグメントを作ることで、ログイン状態を判定する事ができます

「ログイン中ユーザー」セグメント

最新のセッション ログイン/ログアウト status の 最新の値 が true に等しい

「ログアウト中ユーザー」セグメント

最新のセッション ログイン/ログアウト status の 最新の値 が false に等しい