商品、物件、求人などの「コンバージョンの対象となるアイテム」の詳細画面を閲覧しているユーザーの情報を計測することを、KARTEでは推奨しています。
ユーザーが閲覧しているアイテムの情報を適切に計測することで、ユーザーが興味を持っているアイテムを知ることができ、それに基づいたレコメンドやレポーティングが可能になります。

アイテム閲覧タグのサンプル

    <script type="text/javascript">
    try{
      tracker.track("_view_item", {
        item_id: "0001",
        name: "KARTE Tシャツ",
        price: 5000,
        category: "catA",
        brand: "brandA",
        item_url: "https://example.com/0001",
        item_image_url: "https://example.com/image/0001.jpg"
      });
    }catch(e){
      if('tracker' in window){
        tracker.track('_error',{
          message: e.message
        });
      }
    }
    </script>

イベントリファレンス

  • イベント名: _view_item

必須

フィールド名概要例型item_idアイテムのIDです。buyイベントで連携しているものと同じID体系のものを連携してください。"0001"文字列

推奨

フィールド名概要例型nameアイテムの名前です。"KARTE Tシャツ"文字列priceアイテムの価格です。5000数値categoryアイテムのカテゴリIDです。"categoryA"文字列brandアイテムのブランドIDです。"brandA"文字列item_urlアイテム詳細ページURLです。"https://example.com/0001"文字列item_image_urlアイテムの画像URLです。"https://example.com/image/0001.jpg"文字列

活用例

配信トリガーに利用する

特定の条件を満たすアイテムを閲覧中のユーザーだけに、接客サービスを配信できます。

  • 特定カテゴリ(categoryA)のアイテムを閲覧中

  • _view_item | category | categoryA | に等しい

  • 3000円以上のアイテムを閲覧中

  • _view_item | price | 3000 | 以上

セグメントに利用する

特定のアイテム閲覧傾向があるユーザーだけをセグメントできます。

  • brandAをよく見ている

  • すべての期間 | _view_item | brand | 最も頻度が高い値 | brandA | に等しい

その他

  • 閲覧item_idをもとに、関連商品をレコメンドする