ユーザーの環境

サイトを閲覧しているユーザーについて、Liveでの動作確認を完了している環境は以下になります。こちらの環境以外からのアクセスについては、基本的にはLiveの動画は取得できません。

PC

・Microsoft Edge 最新版
・Google Chrome 最新版
・Firefox 最新版
・Safari 10以降

スマートフォン

・Safari (iOS) 10以降
・Chrome(Android) 最新版

なお、現状KARTE Liveはウェブブラウザのみの対応となります。

SPAサイト場合

SPAサイトでもKARTE Liveを活用することは可能です。
ただし、通常の設定ではKARTE計測タグが入っている全ページがLiveの対象となってしまうため、意図していないページが含まれる可能性があり、注意が必要です。
特定のページや範囲を除外するにはLiveスクリプト内で除外対象ページのパスを指定することが必要となるため、詳細は下記の記事をご参照ください。

レコード開始/停止を任意に制御する
https://developers.karte.io/docs/karte-live-js-api-start-stop

※KARTE本体のSPAサイト実装詳細についてはこちらをご確認ください。

動画の取得ができない箇所

現状のKARTE Liveの仕様では下記のケースでも再生することができません。

  • リンク先全体がPDFになっている
  • ページ上の一部分がPDF(埋め込み型)になっている
  • iFrame, emebed, object型を利用している
  • Shadow DOMを利用している(※対応予定については開発検討中のステータスです)

動画の取得率について

  • Liveの動作環境を保証しているユーザーの環境であっても通信環境など、予期しない状況により動画が取得できないケースが数パーセントは発生します。日々改善をおこなっておりますが、ご理解の上ご利用ください。

関連ドキュメント