KARTE Liveにまつわる設定について記載します。

該当ページへの遷移方法

ライブリプレイ画面の右上部分「設定ページ」からアクセスしてください。
従来どおり、プラグイン設定内のKARTE Live項目の設定画面に遷移するからでもアクセス可能です。

null

null

Live設定画面でできること

基本設定

null

各基本設定は管理者権限を持つユーザーアカウントのみ設定が可能です。

1. データ保存ステータス設定
こちらの画面上からLive Replay(過去動画)のデータを保存するかどうか変更できます。
ステータスをOffにして停止をかけると、元のLiveスクリプトが配信され続けても動画データは一切保存されなくなります。管理画面上のLiveページですぐにLiveのOn/Offが可能です。

2. データ管理
Liveで保存している過去録画データの削除が行えます。
「データを削除」ボタンを押下してから24時間以内に画面上記載の期間のデータ削除が実行されます。
※データ容量が大きいため、押下後即座に削除ジョブが実行されるわけではない点、ご了承ください

その他にも今後リリースするLive設定に関する機能はこちらで設定ができるようになります。

3. プレイヤー設定
※こちらはβ版の機能となるため、事前に弊社担当へご確認をいただいた上でお使いください

プレイヤー設定のプロキシー接続「プロキシを使わない」にチェックを入れることで、
Liveからクライアント(貴社)Webサイトのサーバーへの接続にプロキシーを使わず直接接続することが可能です。具体的な活用シーンとしては下記が該当します。

  • Webサイト側のサーバーでオーガニックユーザーではないLiveからのアクセスを拒否する設定を入れていることでLiveの動画再生時にCSSがうまく再生されないケース

上記ケースでプロキシー接続を行わないことで、CSSも含めたデータ取得を行なうことができるためLiveでの動画再生が正確に行えます。
※留意点として、サイトアナリティクスツールなどで計測されるサイトへのアクセス数値への影響については現在調査中となります。

利用状況

利用実績レポート
該当のプロジェクトでLiveスクリプトを配信している(≒録画している)ユーザー数を把握できます。
null

利用実績レポートの閲覧は管理者権限を持つユーザーアカウントのみが可能です。
管理者権限以外のユーザーアカウントでは閲覧ができません。ご注意ください。
  • 1 期間: 右上部から該当月を選べます。選択後集計が行われ、少し待つとチャートが表示されます。
  • 2 月間総ライブ対象ユーザー数: 選択月全体のLiveスクリプト配信ユーザー数の合計です。
    ※セッション数ではなくユニークユーザー数で集計されます。
  • 3 ライブ対象ユーザー数 推移: 折れ線グラフで選択月の開始〜終了地点までの該当ユーザー数積算が表示されます。チャート上にマウスを合わせるとその日までの合計ユーザー数が表示されます。

集計はリアルタイムに行っているため、
当月の値を見る場合は、利用実績レポートページを開いたタイミングまでが対象となります。

インストールページ

null

Live インストールページへのリンクです。
概要把握や規約の再度確認、アンインストール時などに使うことがあります。