前提: KARTE Liveの仕様

KARTE Liveでは、ユーザーの行動を再現するときに、cssやimgなど、ページ内でロードしているデータについては、録画時に取得せず、再生時にKARTEサーバからクライアント側のサーバに直接アクセスすることで取得しています。

接続方法変更を活用するシーン

クライアント側のサーバで、KARTEのような外部の機械的なbotからのアクセスを拒否する設定が入っていた場合、サイト上のcssやimgを取得できないままLiveが表示されてしまいます(ページのhtmlのみが表示され崩れたように見えます)。

多くのケースではKARTE Liveからの通信をPROXY経由にしない方法に変更することで、表示崩れを解消できます。その方法をご紹介します。
なお、PROXY経由ではない方法とは、通常エンドユーザーがサイトにアクセスするのと同じ方法でアクセスをする形式(機械的なアクセスではない)となります。
(※エンドユーザーがサイトにアクセス方法に変更するため、id/passを必要する開発環境/ステージング環境を利用されている場合、解消しないこともございます。)

設定

※この設定はKARTEプロジェクトの管理者権限を持つ方のみ実行できます。
  1. グローバルナビゲーションから「ライブ設定」を開く
  2. 「プレーヤー設定」を開く
  3. 「プロキシーを使わない」にチェックして保存する

null

これで設定は完了です。
設定以降の時刻でアクセスしたユーザーのLive動画を見て再生状況を確認しましょう。

うまく再生できていない場合はこちらのトラブルシューティング記事をご参照ください。