本ページではKARTE Live動画の検索機能を担うライブストリーム画面について記載します。

ライブストリームとは

KARTE Liveで取得している動画の一覧表示、特定条件の動画検索ができる画面です。

アクセス方法

管理画面左側のナビゲーションから、人型のアイコンにマウスを合わせ「ライブストリーム」を選択することで、アクセスすることができます。

機能概要

ライブストリームは大きく3つの機能に分かれています。

①動画の閲覧
②動画の絞り込み(検索)
③ユーザーの確認(ストーリー画面遷移)

null

①動画の閲覧

null

一覧で表示されている各動画データの左部分に再生アイコンがあります。
こちらをクリックすることで、該当の動画を閲覧できます。
直近30件の動画がまず表示され、下部の「続きを読み込む」ボタンを押下するとそれ以前の動画が追加で読み込まれて表示されます。

  • 再生アイコンのカラーライン: 動画全体の秒数のうち、検索している条件の閲覧時間を割合で表示して視覚的に把握できるようにしています。
    円一周のカラーライン = 180秒(3分)を100%として、該当動画がどの程度の分数かを割合換算してカラーラインの長さを表示しています。
  • 秒数とページ数: 動画のアクティブ時間(※)と総PV数を表示しています。
  • 表示URL: 動画の閲覧開始時のURLと閲覧終了時のURLを表示しています。
  • 発生時間とUA: 動画の発生時間とUA(デバイス、OS)を表示しています。
  • 一度閲覧した動画の既読表記: 一度動線をクリックして動画閲覧したものは以降、再生アイコンがグレーアウトした状態で表示され、一度過去に見たということが把握できます。

アクティブ時間とは
動画のなかでユーザーがアクティブに動いている時間 = マウス挙動に変更が発生している時間を累計したものです。

②動画の絞り込み(検索)

null

ライブストリームでは動画の検索が可能です。
検索に使える項目は下記の6つです。

  • ユーザーID
  • 対象期間
  • 動画に含まれるページ
  • セグメント
  • 滞在時間
  • デバイス・ブラウザ

「対象期間と「動画に含まれるページ」など、複数の項目で検索することも可能です。

ユーザーID

特定のユーザーで発生している動画を検索できます。
既にライブストリーム画面に表示されているユーザーIDをクリックすることでも絞り込みが可能です。

対象期間

カレンダーのUIで動画検索の対象となる日付・時刻を指定できます。
※日本時間(JST)での集計となります。時間表示のタイムゾーンについてはこちらの記事もご参照ください。

動画に含まれるページ

閲覧したページ単位で動画を検索できます。検索した閲覧ページが含まれている動画のみ表示されます。
部分一致での検索となるため、URL全体、URLパスなど入力単位は用途に合わせて選択できます。
クエリキーやアンカーなどパラメータを用いた検索も活用できます。
検索ボックスの下に表示されるURLは対象URLのうちの上位割合を占めるものを%表示しています。クリックして
そこから絞り込むことも可能です。

既にライブストリーム画面に表示されているURLをクリックすることでも絞り込みが可能です。

セグメント

ユーザーセグメントを軸に対象動画を検索できます。
該当の動画終了時のタイミングで指定したセグメントに含まれているユーザーが対象となります。
該当Liveセッションの途中ではまだ指定したセグメントに入っていなくても、Liveセッション終了のタイミングで指定したセグメントに含まれていれば対象となります。

ex) 「2回以上購入者」というセグメントで絞り込みを行った場合...
動画開始時にはまだ1回購入のみのユーザーでもその動画(Liveセッション)内で購入を行ってLiveセッションが終了した場合、終了時点では「2回以上購入者」のセグメントに含まれているため、絞り込み時の該当動画として表示されます。

滞在時間(アクティブ時間)

アクティブ時間の範囲別に対象の動画を検索できます。
プルダウンを開くと、1分以下, 1分-5分,5分以上 の項目が表示され、そこから絞り込むことも可能です。

デバイス・ブラウザ

動画のUA(デバイス・ブラウザ)軸で発生している動画を検索できます。

既にライブストリーム画面に表示されているUA(デバイス・ブラウザ)をクリックすることでも絞り込みが可能です。

③ユーザーの確認(ストーリー画面遷移)

null

ライブストリームで表示した動画から該当ユーザーのストーリー画面に遷移することができます。

ユーザーアイコンの右側にある「・・・」ボタンをクリックすると、「ストーリーを確認」というリンクが表示されます。リンクをクリックすると、該当ユーザーのストーリー画面へ遷移します。
※該当時間帯のイベントまで直接遷移することは現状ではまだできません。

動画を見る際にそのユーザーの詳細ステータスや行動を把握することなどに活用できます。

関連ドキュメント