Webサイトで重要なイベントを「ゴール」として設定し、施策の効果測定やユーザー分析に役立てることができる機能です。
「ゴール」には、「最終ゴール」と「中間ゴール」が設定できます。

本機能はβ版となります。今後予告なく仕様変更になる場合がありますのでご了承ください。
ご利用を希望の場合は、サポート担当までご連絡ください。

最終ゴール/中間ゴールの考え方

Webサイトの「最終ゴール」は多くの場合「コンバージョン」に該当するイベントを設定します。
「コンバージョン」に該当するイベントはWebサイトによりさまざまです。KARTEでコンバージョンイベントを計測していれば、それをゴールに設定することが可能です。
また、「最終ゴール」に到る手前の「中間ゴール」を適切に設定し、中間ゴールのコンバージョン率を高めていくことも重要です。

まずはWebサイトごとに適切な「最終ゴール」と「中間ゴール」を設定しましょう。
(ゴールは上限20個まで作成可能です。)

業界別ゴール例

業界 中間ゴール 最終ゴール
EC・アパレルサイト 商品詳細ページ閲覧、カート 購入
人材サイト 気になるリスト登録、履歴書登録 求人案件応募
不動産サイト 再来訪、資料請求 来場予約、物件申込
金融・保険サイト 見積シミュレーション、資料請求 問い合わせ、商品申込

ゴールに設定したいイベントは、計測タグ、コンバージョンタグ、カスタムタグ等を設定して計測していることが前提です。
詳細はタグ設置・イベント計測のガイドを参照してください。

ゴールの設定方法

グローバルナビゲーションの人のアイコン(インサイト) > インサイト > ゴール から登録します。
null

「作成」ボタンから新規作成し、以下の項目を設定してください。

設定項目

null

①ゴール種別:「最終ゴール」または「中間ゴール」を指定します。
②ゴール名:ゴール名称を設定します。
③説明:任意で説明を記載します。
④ゴールタイプ:以下より選択し、詳細な設定を行います。

  • イベント:特定のイベントが発生したことを条件に、ゴールとして設定します。
  • 条件付きイベント:特定のイベントの詳細な条件(OR条件で複数指定可能)を指定して、ゴールとして設定します。
  • 再来訪:初回来訪を除いた、セッション中の最初のviewイベントを「再来訪」と定義し、ゴールとして設定します。
  • ページ閲覧:特定のページ閲覧(OR条件で複数指定可能)を指定して、ゴールとして設定します。
  • セグメントに入る:特定のセグメントに入ったことを条件に、ゴールとして設定します。
  • セグメントから出る:特定のセグメントを出たことを条件に、ゴールとして設定します。

⑤設定が完了したら、「保存」ボタンを押してください。

設定したゴールを確認できる場所

ゴール設定が完了したら、翌日以降に以下の場所でゴール機能を利用することが可能になります。

ゴール設定

null
1. 週次/日次推移グラフ
選択しているゴールが週次または日次でどれくらいゴールが発生したかを見ることができます。
※こちらのチャートから該当するユーザーの把握・リスト抽出を行うことはできません
※表示されるのは前日までのデータです。集計はUTC(協定世界時)で行われるため、1日の範囲が日本時間と9時間ずれます。
※リアルタイムは後述のユーザーリストのみ表示されます。
2. ユーザーリスト
選択しているゴールが発生したユーザーのリストがゴール発生日時順に表示されます。テーブルの行をクリックするとゴールが発生した時のストーリー画面に遷移します。

ゴールレポート

プロジェクトゴールレポート、ゴールタイミングレポートでゴール分析ができます。
グローバルナビゲーションの人のアイコン(インサイト) > レポート から確認出来ます。
null

接客サービス詳細

接客の効果測定期間を、セッションから1日/7日/30日に延長してゴール指標を見ることができます。
また集計単位も、接客数やクリック数の指標も含め、セッション数からユニークユーザー数になります。

※効果測定期間を「1日」や「7日」、「30日」にした場合に表示される指標は、接客関連のイベント(クリック、閉じる等)と、ゴール機能で設定したゴールのみです。

④ 起点イベント数
null

ユーザーストーリーのゴール表示設定

セッション一覧で確認したいゴールを「強調表示」に設定しましょう。
サマリー上でそのゴールがどこで起きていたかを確認することができます。
null