Web(JS SDK)のオプトアウト

オプトアウト設定方法

オプトアウト用のスクリプトが実行されたブラウザについては、Webサイト上でのKARTEによるイベント計測や接客サービスの配信が行われなくなります。下記のスクリプトを、オプトアウトを設定したいサイト上で実行してください。

(function(){var el=document.createElement("script");el.src="https://medialize.github.io/URI.js/src/URI.min.js";el.onload=function(){var dm=new URI(location.href).domain();var dt=new Date();dt.setTime(dt.getTime()+(3600*24*1000*365*2));document.cookie="krt_oo=1;domain=."+dm+";expires="+dt.toGMTString()+";path=/";window.localStorage.setItem("krt___oo", JSON.stringify({val:1,expire:dt.getTime(),last:(new Date()).getTime()}));};document.body.appendChild(el);})();

オプトアウトの動作確認方法

KARTE Action Viewerでviewイベントなどが計測されていないことを確認してください。
また、オプトアウト後はWeb上の接客サービスも表示されなくなります。

スクリプト実行方法をエンドユーザーに提示する

下記ページをご案内ください。

オプトアウト設定方法 | CX(顧客体験)プラットフォーム KARTE(カルテ)

よくある質問

  • Q. オプトアウト用スクリプトは、全ページで実行する必要がありますか?
    • ドメインが同じでCookieが同一であれば、セッションが変わった場合や別ウィンドウになった場合でも、再度スクリプトを実行する必要はありません
  • Q. オプトアウト用Cookieの保存期間は?
    • オプトアウト用Cookieの保存期間は、デフォルトで2年間です
    • 変更する場合は、スクリプトをカスタマイズしてください
  • Q. オプトアウト用スクリプトを実行すると、過去のユーザーデータは削除されますか?
    • 新規の計測やアクションを止めるためのCookieが書き出されるだけなので、過去のユーザーデータは削除されません

オプトアウト解除方法

オプトアウトの設定を解除し、KARTEによる行動履歴の収集、および接客イベントの配信を再開するには、オプトアウトの設定を解除したいサイト上で下記のスクリプトを実行してください。

(function(){var el=document.createElement("script");el.src="https://medialize.github.io/URI.js/src/URI.min.js";el.onload=function(){var expire=new Date(0);var dm=new URI(location.href).domain();document.cookie="krt_oo=;expires="+expire.toGMTString()+";path=/;domain=."+dm+";";window.localStorage.removeItem('krt___oo');};document.body.appendChild(el);})();

KARTE for App SDKのオプトアウト

KARTE for Appを導入しているクライアント様向けにも、オプトアウト機能をご提供しています。オプトアウト機能によって以下の機能が制限されます。

  • イベントの送信
  • アプリ内メッセージの表示
  • プッシュ通知の配信
  • 紐付けられたアプリ内WebViewのトラッキング
  • 設定値配信

こちらの機能をご利用いただくには指定の実装が必要になりますので、エンジニアの方にご確認いただきご対応をお願いします。
下記のドキュメントを参考にオプトアウト機能をアプリ内で用意いただくことで、その機能を利用してユーザーが自らオプトアウトできるようになります。