(2020年8月24日更新) ユーザーストーリーが新デザインになりました。

リニューアルの詳細はこちら。 旧デザインに関するドキュメントはこちらをご覧ください。

セッション一覧とセッション詳細のタイトルバーにある「表示設定」ボタンから、サマリーやセッション詳細で表示されるイベントの表示・非表示を切り替えることができます。

変更したい項目のチェックボックスをON/OFFし、保存ボタンを押すことで、サマリーやセッション、セッション詳細のイベントの表示が切り替わります。
※イベントの表示設定はアカウント毎に保存されます。

null

表示するイベント

計測されているすべてのイベントが一覧表示されます。イベント名の左にあるチェックボックスのON/OFFで設定を切り替えることができます。

一覧の上部にあるテキストエリアとプルダウンメニューでは、それぞれ名前による絞り込み、種類による絞り込みが可能です。

表示するゴール

計測されているすべてのゴールが一覧表示されます。ゴール名の左にあるチェックボックスのON/OFFで設定を切り替えることができます。

ゴールをチェックすると、そのゴールに使っているイベントも同時にチェックされます。

一覧の上部にあるテキストエリアとプルダウンメニューでは、それぞれ名前による絞り込み、種類による絞り込みが可能です。

表示するスコア

プルダウンメニュー内に、作成済のスコアが一覧表示されます。スコアを選択すると、ユーザーストーリー画面で使われているスコアの表示が切り替わります。

プロジェクト単位のイベント表示設定

プロジェクト単位で非表示のイベントを設定したい場合は、「イベント」の中の各イベントから設定をします。ここで非表示とすると、上記の表示設定のどれにも表示されなくなります。
※プロジェクト共通での非表示イベントとなります。

  1. グローバルナビゲーションから「イベント」を選択
  2. 右側からイベントを選択し、「情報」を選択
  3. 来訪ログ(ユーザー詳細画面でのイベント表示)、ゴールイベント(接客サービスのゴールに選択)を確認し、変更が必要な場合は右上の「編集」より行う