現在βリリース中の、行動モードに関するドキュメントです。

(注意) 本機能は開発途中のβ版の機能です。
今後、機能の内容・仕様が大幅に変わったり、機能自体の提供を終了する可能性があります。
機能自体が終了する場合にはあらかじめアナウンス致しますが、使用される際はご注意ください。

利用に際して、いくつか制限がありますので、こちらをご確認ください。

行動モードとは

行動モードとは、ユーザーの現在の「モード」を表すものです。

一度のサイト訪問でも、ユーザーの状態はうつりかわっていきます。
例えば、漠然と欲しいものがある状態→いくつか候補が絞られて比較している状態→特定のものに強く惹かれている状態 などです。
このように、ユーザーの一連の行動を大枠で捉え、現在ユーザーはどんな状態(モード)なのかを表現するのが行動モードです。

null

行動モードの設定

行動モードに設定は不要です。
直近のユーザーの行動・閲覧状況を元に簡単なルールベース(直近PVのうち同一ページをx回以上、等)で判定を行っています。
今後、判定された結果を元に判定のルールを改善し、精度を高めていく予定です。

行動モードの種類

現在用意されている行動モードは下記5種類です。

  • 注目中:ある商品/記事に注目している
  • 比較検討中:いくつかの商品/記事を比較し、いいものを探している
  • 回遊中:興味ぶかく商品/記事をみて回っている
  • 飛ばし読み中:ピンとこなくてさっと飛ばし読みしている
  • その他:上記のいずれでもない

使い方1) モードの変化の様子をみる:ユーザーストーリー画面

行動モードはユーザーストーリー画面で確認することができます。
イベントの並びに加えて、そのときにどんなモードであるかが表示されているので、
まずはざっとスクロールして、どのようにモードが変化しているかを確認すると行動のイメージが湧きます。
その上で詳しく知りたい箇所でイベントの詳細をみるという使い方が、ユーザーを理解する手助けになります。

確認手順: ユーザーストーリー画面 > 強調表示:行動モードの変化を指定

null

行動モードの詳細として、どのページを閲覧中にこのモードが発生したのかと発生理由も確認できるようになっています。

null

使い方2) 各モードが発生したユーザーの一覧をみる:イベント画面

イベントの発生状況や各モードが発生したユーザーの一覧は、イベント画面から参照できます。
例えば飛ばし読みモードに入ったことがあるユーザーを何人かピックアップするときには、このリストから選び、その前後でどんな行動が起きているかをストーリー画面やLive画面で確認するのがおすすめです。

確認手順: イベント画面 > コンテキストイベント > 行動モードの変化

null

使い方3) 接客の効果との関係を確認する:効果の分析タブ

行動モードはディメンションになっています。
そのため、接客サービス詳細の「効果の分析」タブで接客の効果を検証するのに使うことができます(詳細はこちら)。
例えば、「注目中」のディメンションの効果が悪ければ、「すでに何かに注目しだしたユーザーには逆効果の接客」であることがわかります。

確認手順: 接客サービス画面 > 任意の接客サービスを選択 > 効果の分析タブ > ディメンション毎の分析タブ > ディメンション:行動モードを指定

null

使い方4) サイト全体の傾向を知る:レポート画面

サイト全体での動向はレポートでチェックすることができます。
各モードの割合、各モードのゴール率、各モードが発生しやすいページ、各モードが発生したユーザーの一覧、などをみることができます。

確認手順: レポート画面 > その他レポート > 行動モードレポート

null

使い方5) 接客に使う:接客サービス画面

行動モードはディメンションになっています。
そのため、接客サービスの配信対象の指定に使う(操作方法はこちら)こともできます。
例えば、「注目中」のユーザーにあとひと押しする接客を配信するといった使い方ができます。
ただし、制限に記載のある通り、行動モードの推定ロジックは今後も変化していくため、同じ行動をとったとしても同じモードにならないこともあります。
こちらをご理解の上ご利用ください。

確認手順: 接客サービス画面 > 接客サービス編集画面 > 対象ユーザー > ディメンション

null

制限

現在はWebのみサポートしています。Appではご利用いただけません。
推定の精度を上げるために推定ロジックは今後も改良を続けます。そのため、同じ行動をとったとしても同じモードにならないこともあります。