KARTE Blocksでは、ページ上のオリジナルブロックやBlocksで配信したブロックに関して、次のような数値を見ることができます。

  • 表示したUU数
  • クリックしたUU数とクリック率
  • ゴールしたUU数とゴール率

なぜブロック毎の分析が重要か?

従来のWebサイトでは、主に「ページ」単位でのアクセス解析が行われていました。しかし、ページの中のどの要素に課題があるのかがわからず、具体的な改善施策につながりにくいという問題がありました。

ページ内のリンクや画像など、より細かい「ブロック」の単位でクリックやゴールへの貢献度合いを分析することで、Webサイトの改善サイクルを回しやすくなります。

詳しくは、次の記事も参考にしてみてください。

全体の流れ

ブロック分析によって改善サイクルを回す大まかな流れは、次の通りです。

  1. ゴールを決める

    • KPIなどを踏まえて、ユーザーに取ってほしい行動をゴールとして決めます
  2. 改善の余地がありそうなページを選ぶ

    • ユーザーがゴールまでに経由するページから、改善の余地が大きいページを選びます
      • 例) 「ランディングページ」を改善する
  3. ページ上のブロックを登録する

    • バナーやボタンなど、ユーザーをゴールに促すための要素を選びます
    • Blocksでブロックの変更をする予定が無い場合でも、登録しておくことでページ上の各要素のクリック率などを見ることができます
  4. 一定期間たったら、ブロック毎の数値を見て課題を見つける

    • ページ上のブロックの中で、クリック率の高いものや低いものを特定します
    • その結果からページの課題を抽出します
      • 例) ページ上の目立つ位置にあるボタンが、意外とクリックされていない
  5. 文言やクリエイティブの変更で改善しそうな場合は、Blocksでブロックを置き換える

    • 必要なら、後述するABテストを実施します
  6. 様々なケースに対して、上記のブロック分析を繰り返す

    • 例)
      • ページ上の別のブロックも登録する
        • 他のページでも試してみる

ブロック毎のクリック率を見る手順

KARTE Blocksの管理画面上でブロック毎のクリック率を見る手順について説明します。

事前準備: ブロックの登録

  • ページを登録する (詳細)
  • ブロックをブロックリストに登録する (詳細)

ブロック毎のクリック率などを見る

  • ページ一覧から、ページを1つ選びます
  • 「ブロック」タブを開きます
    • ブロック毎の効果が表示されます

null

  • ブロックを1つ選び、「効果」タブを開きます
    • 効果の推移を見ることができます

null

KARTE Blocksでは、ページ上にもともとあるオリジナルブロックと、Blocksで配信したブロックの両方を横断してクリック率などの数値を見ることができます。

ブロック毎のゴール率を見る手順

KARTE Blocksでは、ブロックが表示された後にユーザーがゴールとなる行動を取った割合を、ブロック毎のゴール率として見ることができます。これにより、各ブロックの表示がゴールにどのくらい寄与しているかを分析できます。

事前準備: ゴールの登録

Webサイト上でユーザーに取ってほしい行動を、「ゴール」として登録します。登録方法の詳細は下記をご確認ください。

ブロック毎のゴール率を見る

  • ゴールを作成すると、ブロック毎のゴール数やゴール率がブロックリストに表示されるようになります
    • 次の2つに分けて表示されます
      • 表示経由: ブロックを表示したユーザーのゴール
      • クリック経由: ブロックをクリックしたユーザーのゴール
  • 見たいゴールを切り替えることもできます

null

より高度な効果測定

KARTE Blocksでは、次のようなABテストによる効果の比較ができます。

  • Webページ上のオリジナルブロックと、Blocksで配信したブロックとの比較
  • Blocksで配信したブロック同士の比較

詳しくは、次の記事をご覧ください。