閲覧(view)イベントでは、スクリーンサイズについて以下の2種類の値を取得しています。

アクセス時のブラウザスクリーン幅・高さ
view.access.screen.width
view.access.screen.height

アクセス時スクリーン幅・高さ
view.access.screen.availWidth
view.access.screen.availHeight

これらは、ページ上のJavaScriptから参照できるwindow.screenの同名のプロパティを参照しています。

window.screen.width

window.screen.availWidth

これらの値では、ディスプレイの解像度とは無関係に、実際にHTMLの描画に使われる単位のpixel数が取得されます。

なお、これらの値はあくまでのクライアント端末を特定するためにスクリーン幅を取得しているものです。
そのため、実際のブラウザの表示領域(viewport)の幅とは異なります。
現時点では、viewportの幅はKARTEのviewイベントではデフォルトでは取得していません。

仮にviewportの幅に応じてセグメントを分けたい場合は、
window.innerWidthを独自にJavaScriptから取得し、KARTEにイベント送信する必要があります。