KARTEの計測タグは、内部的にはtrackerと呼ばれるオブジェクトをサイト上のJavaScript実行環境に追加します。

ユーザータグやカスタムイベントタグなどは、計測タグによって追加されたtrackerを使って、KARTEに情報を送信します。
しかし、すでにサイト上でtrackerという名称のオブジェクトが定義されていた場合、どちらか一方が上書きされてしまいます。

その場合、計測タグを修正することで、trackerの名称を変更する必要があります。

tracker名称の命名規約

  • JavaScriptの変数名で使用できる名称については、基本的には利用可能です
  • アンダースコア2つ(__)始まりの名称は、システムで予約されているため使用できません

trackerの名称変更手順

trackerが上書きされてしまうページについて、以下の修正を行います。なお、以下の例では、karteTrackerという名称に変更すると仮定します。

1.新しい名称を、計測タグ内に記述

  • 計測タグのscript開始タグの直後に、以下の記述を追加
    window.karte_tracker_names = ["karteTracker"];

  • 計測タグ末尾のtracker呼び出しをkarteTrackerに変更

  • 修正例

    <script type="text/javascript">
    window.karte_tracker_names = ["karteTracker"];
    (function(){...(中略)...;karteTracker.init("a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1")}).call(this);
    </script>

3.そのページにあるその他の全てのタグについて、trackerの名称を変更する

  • 変更前(例):

  • tracker.user({...});

  • 変更後(例):

  • karteTracker.user({...});