ディメンションには、分析のスコープという設定があります。
null
この設定は、現在、ディメンションの「傾向の分析」で使われています。

分析のスコープの種類

PV

セッション内で変化する値。セッションが変わるとリセットされるもの。
ディメンションの値の期間設定で、「最新のセッション」が選択されているものはこれになります。
(例) PV数、アイテム詳細ページを見た回数、行動モード

セッション

各セッションで1つに決まるもの。
(例) 来訪回数、流入元URL

ユーザー

ユーザー毎の値で、セッションでリセットされずに継続するもの。
ディメンションの値の期間設定で、「すべて」等が選択されているものはこれになります。
(例) 購入回数、会員ランク、性別

ディメンションの値の期間設定とは、この設定です。
null

スコープによる分析の違い

PV

スコープがPVの場合、PV毎、もしくはイベント毎の値が分析対象になります。(下図の赤丸の箇所です)
集計の単位としては、PV数、もしくはイベント数となります。
null

セッション

スコープがセッションの場合、各セッションの最後の値が分析対象になります。(下図の赤丸の箇所です)
集計の単位としては、セッション数となります。
null

ユーザー

スコープがユーザーの場合、ユーザー毎の値が分析対象になります。実際には、レポートの集計期間内の最後の値が分析されます。(下図の赤丸の箇所です)
集計の単位としては、ユーザー数となります。
null