ユーザーマスタを利用することで、KARTE Signalsで各広告媒体に連携するための個人情報を簡単に取得することができます。

ユーザーマスタとは?

ユーザーマスタとは、KARTEに送信されたidentifyイベント、attributesイベントをユーザーごとに各フィールドの最新の値を保持しているマスタテーブルです。
従来であれば、KARTEイベントを全期間分取得し、ユーザーごとの最新の値を取得するクエリを書く必要がありましたが、ユーザーマスタを利用することでその必要がなくなり、個人情報を取得するために大量のクエリリソースを消費する必要がなくなります。

ユーザーマスタの利用

コネクタ作成画面の利用するデータで「KARTEデータ/ユーザーマスタ」を選択すると、ユーザーマスタを利用することができます。
下記のスキーマ情報を参考に、カラムマッピングを設定してください。
identify、attributesのフィールドを利用したい場合は、下記のように $.フィールド名の形で指定してください。
null

スキーマ情報

設定項目 説明
api_key api_key
user_id user_id
is_member メンバーか否か
sync_date 最後にイベントが発生した時間
email identify.emailで送った場合のemail
email_subscription identify.subscriptionで送った場合のsubscription
line_id plugin_line_identify.line_user_idで送った場合のline_user_id
line_subscription plugin_line_identify.subscribeで送った場合のsubscribe
fcm_token plugin_native_app_identify.fcm_tokenで送った場合のfcm_token
fcm_token_subscription plugin_native_app_identify.subscribeで送った場合のsubscribe
phone identify.phoneで送った場合のphone
phone_subscription identify.phone_subscribeで送った場合のphone_subscribe
last_view_date 最後のviewの時間
shorten_segments イベント発生時に計算した最新のセグメント
dimensions karte共通のディメンション
user_fields カスタムで作成されたディメンション
identify identifyイベントの全フィールドの最新の値
attributes attributesイベントの全フィールドの最新の値
individual_ids マージされてるビジターのid
is_merged マージ済みかどうか

ユーザーマスタのデータの確認

カラムマッピング設定後、保存ボタンを押すと、ユーザーマスタのデータを確認できます。
ここで、正しく抽出されているかご確認ください。

注意点

イベントの情報がユーザーマスタへ反映されるのに、時間がかかります。(反映に40分ほどかかる可能性があります。)
ユーザーマスタを利用する場合は、各媒体に連携するコネクタの送信スケジュールに「40分」を指定してください。
null
コンバージョン補完の場合、8時40分に実行すると、7時から8時分のコンバージョンデータが連携対象となるため、全てのコンバージョンデータに最新の個人情報が反映された状態で各媒体に連携することができます。