コンテキストイベントとは、特定のユーザーの行動に解釈を持たせ、特定条件でイベントを発火できる機能です。このページでは、このコンテキストイベントを使って、特定の商品ページを読了したユーザーを特定するまでをやってみましょう。

※コンテキストイベントの詳細仕様についてはこちらを参照

コンテキストイベントを作成、設定する

では、実際に特定の商品ページを読了したというコンテキストイベントを作成、設定していきましょう。

グローバルメニュー→インサイト→コンテキストイベントをクリック

ページ上のコンテキストから読了を選択します

null

右上の作成をクリックします

null

計測設定の下記項目を入力し、右上の保存をクリックします。

項目 説明 画像例
計測名 わかりやすい計測名を入力します 商品詳細ページの読了
計測説明・目的 計測の目的などを任意で入力します 商品の詳細ページでページを読了したタイミングでイベントを取得する
計測ページ条件 計測ページのURL条件を設定します。URL条件には完全一致、部分一致、前方/後方一致の他に、正規表現やクエリ文字列を使った細かい設定も可能です。 https://sample.com/details
スクロール率 ページのスクロール率を設定します ※ 80%
経過時間 ページでの経過時間を設定します ※ 20秒
計測を有効にする チェックを入れない場合は計測が開始されません
  • ※ スクロール率と経過時間はand条件になります。つまり、設定したスクロール率を満たし、経過時間を超えた場合にイベントが計測されます。

null

ステータスが有効になっていることを確認します。実際のページにアクセスして、設定した条件を満たすと「読了」イベントが発生します。

null

コンテキストイベントの発生を確認する

では、次に実際にイベントが発生しているか見てみましょう。

コンテキストイベント設定画面→読了設定画面に戻り、「このイベントが発生したユーザーを見る」をクリックします。

null

「リアルタイム」タブをクリックすることで、「読了」イベントが発生したユーザーを確認することができます。

null

ユーザーストーリー画面に遷移すると、該当のイベントが発生しているのがわかるかと思います。

null

以上になります。今回ご紹介した「読了」以外にも、いくつかのコンテキストイベントが予め用意されているので、是非、読了以外のコンテキストイベントも設定してみてください。

関連ページ