「効果の分析タブ」とは接客サービスの配信結果をセグメント単位、ページ単位で見ることができる機能です。
「効果の分析タブ」を利用することで、配信対象の最適化を簡単に行うことができます。ここでは「効果の分析」を利用したセグメント最適化の流れを紹介します。

null

「効果の分析」を利用したセグメント最適化の流れ

事前にセグメントを用意しましょう

  • 事前に抜け漏れなく用意しておくことが重要です。
  • セグメントストアを活用しましょう。

接客を配信しましょう

  • まずは全体に向けて配信してみましょう。
  • 効果の分析タブを利用すれば後から最適化が可能です。

効果の分析タブで効果の有無を確認しましょう

  • 効果の分析タブを使ってセグメント毎の効果の有無を確認しましょう。

配信対象を最適化しましょう

  • 効果の悪いセグメントを除き、効果の良いセグメントにのみ配信しましょう。
  • 効果が悪かったセグメントには別の施策を考えましょう。

「効果の分析」の使い方

  • 接客詳細画面の効果の分析タブから確認することができます。
  • 画面上の分析ボタンを押下することで解析が始まり、完了すると結果が表示されます。
  • 効果が良いセグメント・ページ、悪いセグメント・ページをそれぞれランキング形式で確認することができます。
    null

配信対象の最適化

  • 「効果の悪いセグメント」を配信対象から外し「効果の良いセグメント」のみに配信することで施策効果を高めることができます。
  • この際、正く効果測定するためには、配信中の接客サービスを編集するのではなく、コピーして新たな接客サービスとして配信し直すことが必要です。

「効果の分析」タブ利用時の注意点

  • 前提として、この効果分析タブでは未実施グループを追加している(ABテスト中の)接客サービスのみ、接客の効果を正確にみることができます(未実施時と比較することで初めて効果が計れます)。
  • 効果計測をしたり接客コンテンツの改善をすすめる上でも、未実施グループの追加を推奨します。

このコンテンツに関連する事例はこちら

次はこちらを試してみましょう