▲注意▲
ユーザータイプ分析のご利用には、ベータ版利用規約への同意と、プラグインの解放が必要です。
利用を希望される場合は、担当カスタマーサクセスもしくはチャットサポートにご連絡ください。
また、β機能のため予告なく仕様変更になる場合がございますが、ご了承ください。

概要

ユーザータイプの変化ダッシュボードを活用することで、あるユーザータイプから他のユーザータイプに変化したユーザー数や特徴、よく当たっていた接客などを確認することができます。
これにより、ユーザー変化に効果のある接客を確認したり、変化するユーザーにはどのような特徴があるかの深掘りをすることが可能です。

本ドキュメントでは、ユーザータイプ変化ダッシュボードの概要と作り方、使い方について説明しています。

ユーザータイプの変化ダッシュボードとは

null

1. ユーザータイプ名

設定した変化前、変化後ユーザータイプが表示されます

2. 変化人数、転換率、平均転換日数

変化量について表示しています

  • 変化人数
    • 「変化前ユーザータイプ」だったユーザーで、表示期間内に一度でも「変化後ユーザータイプ」に変わった人数が表示されます
    • 変化前ユーザーから一度変化した後に変化前ユーザーに戻った場合でも、変化したユーザーとして集計されます
      • 例:変化前ユーザータイプを「セッションあたりpv数が5回」、変化後ユーザータイプを「セッションあたりpv数が10回」とした場合で、あるユーザーが3回のセッションで「pv数5回」→「pv数10回」→「pv数5回」になった場合も、変化したユーザーと捉えられます
  • 転換率
    • 変化人数/表示期間内に「変化前ユーザータイプ」の状態でセッションが発生したUU
  • 平均転換日数
    • 表示期間内に変化後ユーザータイプに変わったユーザーの、平均転換日数
      • 変化前ユーザータイプに所属していた期間を、表示期間の開始日から過去半年間に遡って集計し、転換までにかかった期間を算出します
      • ※直近1ヶ月に関しては日次で、直近1ヶ月以前〜表示期間の開始日から過去半年間に関しては各月末の時点で、変化前ユーザータイプに所属していたかどうかを判定しています

3. 変化したユーザーの推移

変化したユーザー数をバーチャート、変化率をラインチャートで可視化しています。

4. 変化率のファネル

変化前ユーザーと変化後ユーザーをファネルで表示しています。
ファネル下のユーザー数をクリックすることで、各ユーザータイプの詳細を確認することができます。

null

  1. クリックしたファネル部分に該当するユーザー数
  2. 同時に所属していたユーザータイプのユーザー数と割合
  3. 該当ファネル部分に所属しているユーザーのリスト
    • クリックすることで該当のユーザー情報を詳細で確認したり、ユーザーストーリーに遷移することが可能
  4. ソートの変更
    • ユーザーリストに表示するユーザーの順番を変更可能
    • 例)来訪日数が多い順/少ない順、購入回数が多い順/少ない順など
  5. 表示項目の変更
    • ユーザーリストのテーブルに追加するカラムを変更可能
    • 例)来訪回数、購入回数など
  6. CSVダウンロード
    • 表示されているユーザーリストと、直近4週間の来訪回数など項目の値をCSVダウンロード可能
      ※1000人が上限

5. テーブル

ユーザータイプ、セグメント、イベント、接客の軸ごとに変化の内訳を表示できます。
各軸について、変化後ユーザーの所属/発生は以下として集計されています。

  • ユーザータイプ、セグメント
    • 指定された期間の最後の値
  • イベント、接客
    • 変化日の前日〜当日に発生したもの

また、テーブルの表頭の定義は以下です。

  • UU数
    • 対象のユーザータイプ/セグメント/イベント/接客に該当するすべてのユーザー数
  • 含有率
    • 対象のユーザータイプ/セグメント/イベント/接客に該当するユーザーの中で、ファネルに関与するユーザーの割合
  • 含有UU
    • 対象のユーザータイプ/セグメント/イベント/接客に該当するユーザーの中で、ファネルに関与するユーザー数
  • 転換率
    • 含有UUを母数として、ユーザータイプが変化したユーザーの割合
  • 転換UU
    • 対象のユーザータイプ/セグメント/イベント/接客に該当する人のうち、ユーザータイプが変化したユーザー数

6. フィルター条件

  • 適用中の条件

    現在ダッシュボードに適用中の条件について表示しています。
    手元で設定を変更した場合、変更された条件は全体には適用されません。
    リセットを押下すると、全体の設定に戻り、全体に適用するを押下すると、表示中の設定が全体の設定に適用されます。
    null

  • 変化率の表示軸

    ⑤のテーブルで、表側に表示する軸をユーザータイプ、セグメント、イベント、接客から選択できます。

  • 変化率を表示する値

    テーブルに表示する値を選択できます。
    デフォルトの状態では、含有UUが多い上位100件の値が表示されています。

  • 表示期間

    データを表示する期間を変更できます。
    ※変化前と変化後のユーザータイプのうち、新しいユーザータイプの作成1ヶ月前からのデータが表示可能です。

  • 表示単位

    データを表示する日付の単位を変更できます。

  • 表示範囲

    データを表示する範囲を変更できます。

  • 変化したユーザー数の表示

    ③の変化したユーザーの推移でのユーザー数の推移を、累積で表示するか1日ごとに表示するかを選べます。

ユーザータイプの変化ダッシュボードの作り方

ユーザータイプの変化ダッシュボードの作り方は以下のとおりです。

  1. 全てのメニュー > Insight > ユーザータイプ分析 > ユーザータイプの変化ダッシュボードのタブを選択
    1. (画面画像はfix後掲載)
  2. 変化前、変化後のユーザータイプを選択し、次へを押下
    null
  3. 名前をつけ、作成を押下
    null

使い方

ユースケースごとの使い分けについては、こちらの記事で説明しています。