一時的なサーバーエラーや、アクションの設定ミスによるエラーなど、特定のエラーによって送信を行えなかったユーザーを抽出して、再送を行うことができます。

再送の対象を設定する

配信済みの配信の結果画面から、再送可能なエラーとして分類されたエラーを選択して再送対象を設定することができます。

null

接客サービス作成フローの対象ユーザー設定をする

  • 再送に同じ接客を使用する場合は、接客を複製する

null

  • 複製した接客サービスの編集画面に移動する
  • 接客サービス詳細画面の「配信モード」設定で「ターゲット配信」を選択

null

  • 「対象ユーザー」で「配信結果から再送(β版)」を選択し、「再送条件を作成」で保存した該当の再送条件を指定

null

接客サービスを配信する

  • あとは通常の接客サービスフローと同じです。