このページでは、配信条件一覧画面でできること、及びその注意点を説明します。

配信条件とは

  • スケジュール、デバイス、(A/Bテストとして)配信パターン・配信率、対象ユーザー等、ブロックの変更・配信の方法を制御する機能です。
    • 配信条件、およびその中のパターン1つ1つに、ブロックの変更を登録します。
    • そのため、全てのブロックは配信条件・パターンごとに管理されます。
  • ページ設定の中に配信条件を複数登録し、設定内容やステータスを配信条件単位で個別に管理します。

null

配信条件一覧画面でできること

配信条件一覧画面では、主に以下のことが行えます。

  • 配信条件の作成・編集・削除
  • 配信条件の検索
  • 配信条件の優先度を変更する
  • 表示を確認する・プレビューする
  • 配信条件・パターンごとの効果数値の確認
  • 詳細な効果分析画面へ遷移
    • ユーザー別の効果探索
    • ライブ連携機能

配信条件の作成・編集・削除

配信条件を作成する

配信条件の作成は、画面右上のボタンから行います。 以下2種類の方法から選択します。

  1. 「新規作成」
    • 全ての設定を最初から行います
  2. 「テンプレートから作成」
    • 比較的利用頻度の高い配信条件をプリセットで用意しています
    • テンプレートから作成後、設定内容を変更することも可能です(次項参照)

配信条件を新規で作成すると、「アクティブ」タブの一番上(優先度1)に追加されます。

  • 新規作成時、デフォルトでは「公開」状態で保存され、ブロックの変更を保存・配信するとすぐにサイトに公開されるようになっています。
  • チーム内で公開前にレビューをもらう際など、適宜「停止」状態に切り替えた上でブロックの編集・保存作業を行ってください。

null

配信条件を編集する

各配信条件 右端の「・・・」からその他の操作項目を開き、配信条件を編集します。
null

null

配信条件では以下項目を設定可能です。

設定項目 役割・目的 必須・任意 仕様・Tips
配信条件名 任意の配信条件名を入力します。 必須 配信内容や意図などを名前に盛り込んでおくと配信条件一覧で一目でわかり、便利です。
ラベル ラベル管理画面で作成したラベルを設定します。 任意 複数の配信条件を登録・管理したり、複数人/チームで運用する際にご活用ください。
スケジュール 配信条件の公開・停止を設定スケジュールに沿って自動で行います。
分単位で設定可能です。
任意 ・開始日時と終了日時のいずれも設定必要です。
開始日時だけを設定したい場合、終了日時を「2099年」のように遠く設定してください。
デバイスの絞り込み 選択したデバイスのユーザーに絞って、ブロックを配信できます。 任意 ・設定すると、対応する「閲覧情報のセグメント」(Blocksのセグメント) が自動で設定される仕様です。
・サイトによっては、レスポンシブ対応のためにデバイスごとに配信条件を分けてブロックの設定・配信が必要です。 詳しくはこちら
A/Bテスト 変更パターンを追加・削除したり、各パターンの配信率を任意で設定できます。
※ 「変更なしのパターン」は、該当の配信条件ではブロックの配信を行わないことを指します。
任意 ・何らかのアイデアを試したい・仮説検証したい場合、「変更なしのパターン」にも配信率を設定しましょう。ブロックの配信による変化・効果を比較することができます。
パターン名は、変更内容が一目でわかる名前をつけておくと便利です。
対象の絞り込み①
閲覧情報のセグメント
Blocksのセグメント」をAND/OR条件で指定し、配信条件の公開対象を限定できます。 任意 「ページ閲覧回数」「サイト来訪回数」等、サイト閲覧のデータに基づき対象を絞りたい場合はこちらをご活用ください。(現PVの情報を使います)
対象の絞り込み②
すべてのユーザー行動データを使ったセグメント
Insightのセグメント」をAND/OR条件で指定し、配信条件の公開対象を限定できます。 任意 「購入回数」「ログイン有無」等、あらゆるデータを利用して柔軟に対象を絞りたい場合はこちらをご活用ください。(1PV前の情報を使います)

配信条件を公開・停止する

  • 配信条件の編集モーダルで、配信条件の公開・停止を切り替えます。
  • 公開・停止は配信条件内で設定された全ての変更パターンに等しく適用されます。
    • 特定の変更パターンのみ変更したい場合、パターンの配信率で対応してください。(例: 配信率0%にすると、該当パターンは実質停止状態になる)

null

配信条件を複製する

すでに作成済みの配信条件を複製することも可能です。各配信条件 右端の「・・・」からその他の操作項目から操作します。

  • 変更ブロックも含む、配信条件の全ての設定がコピーされ、新たに配信条件が作成されます。
  • 複製された配信条件は「停止」状態で、複製元の配信条件のすぐ下に登録されます。

null

配信条件のパターンを複製する

配信条件単位だけでなく、配信条件内のパターンの複製も可能です

  • 複製元のパターンに設定されていた変更ブロックも複製されます
  • 複製されたパターンは配信率0%で登録されます

null

配信条件を削除する

配信条件を削除したい場合、配信条件の「・・・」からその他の操作項目を開き、削除してください。
削除したの配信条件は、「削除ずみ」タブで確認することが可能です。

配信条件を削除すると、紐付けて登録していたブロックの設定も削除されます。
また、配信条件ごと・ブロックごとの効果数値も確認できなくなりますのでご注意ください。

null

配信条件を検索する

  • 配信条件一覧上でラベルをクリックすれば、同じラベルを持つ配信条件を抽出して表示できます
  • フィルターアイコンからモーダルを開き、配信条件名・公開ステータス・最終更新者などの条件で一覧上に表示する配信条件を検索できます

null

配信条件の優先度を変更する

  • 配信条件ごとに「優先度」が存在し、一覧上の並び順で配信条件ごとの優先度を決定しています。
    • 参考サポートサイト記事: 優先度の仕様について
    • 一覧の一番上: 優先度1 (最も優先)
  • 一覧上で、任意の配信条件をドラッグ&ドロップで移動させることで、表示順と優先度を変更します。

null

なお、配信条件の優先度を変更する場合には以下にご注意ください。

  • 同一のオリジナルブロックに対して、複数の配信条件でブロックを変更・配信している場合、優先度が高い配信条件から順に変更内容を参照・適用していきます。
  • 優先度を変更することで、一部(もしくは全部)のブロックが配信されなくなる、といった意図しない形で配信されていないか、都度ご確認ください。

表示を確認する・プレビューする

ページプレビューで確認する

ページプレビューを利用すると、複数の配信条件が設定されている場合、個々の配信条件・パターンで配信されるブロックを組み合わせて、最終的にページがどのように見えるか確認できます。

null

実際のサイトで確認する

個々の配信条件・パターン別に、実際のページを別タブで開いてブロックの表示を確認することができます。

  • 各配信条件の「・・・」ボタン > 「サイトで確認」ボタン > パターンを選択
  • 拡張機能のツールバー(画面下)では、表示確認用の共有リンクを発行できます。
    • 共有リンクは、発行から7日間のみ有効です
    • 以下のような方でも表示確認できるため、チームでの事前レビューなどでご活用ください。
      • 管理画面アカウントがない
      • Blocksの管理画面の閲覧権限を持っていない
      • Blocksの拡張機能をインストールしていない

null

配信条件・パターンごとの効果数値の確認

配信条件を公開した後は、配信条件およびパターン別に効果を自動で計測します。
集計期間とゴールを選択することで、配信条件一覧画面で各種数値を集計・表示できます。
※UU = ユニークユーザー

項目 説明
訪問ユーザー 日別の「配信条件の各パターンに割り振られたユーザー数」の期間合計
配信したブロックの閲覧やクリックの有無は関係なく集計します。
ゴールユーザー 日別の「配信条件の各パターンに割り振られた後にゴールに到達したユーザー数」の期間合計
ゴール率 「ゴールユーザー」を「訪問ユーザー」で割った数値
UP率 「変更なしのパターン」と比べたリフトアップ率
※ 「変更なしのパターン」の配信率0%場合は、計算されません
UP/DOWN判定 信頼度が高い場合、UP率が0より大きいと”UP”(逆は”DOWN”)が表示されます
※「変更なしのパターン」の配信率が0%場合は計算されません
  • 各種ユーザー数の計測は日別で行われます。
  • 配信条件別の訪問ユーザー数は、「ユーザーがサイトにアクセスし、配信条件に合致した時点」でカウントされます。つまり変更しているブロックがサイト上に表示されていなくても、訪問ユーザー数はカウントされます。
    • ブロックが表示された数を確認したい場合はブロックリスト画面をご確認ください。

ゴールや集計期間を選択して効果を集計する

  • ゴールを複数選択することで、選択順に横並びで効果数値を表示できます
    • 選択したゴールの内容・並び順は、管理画面を閲覧するブラウザ単位で保存されます
      • 各ページの配信条件一覧ごとに独立して保存されます
    • ゴールの表示設定(表示ゴール・並び順)を他の方と共有したい場合、管理画面のリンクで共有可能です
      • リンク自体に、ゴールの表示設定や並び順の情報を持たせています
  • 前日までの任意の集計期間(日単位、UTCベース)で集計できます
    • 前日までの任意の期間で集計された各指標の数値が表示されます。
    • 日本時間の午前10時ごろに前日までの集計が完了し、データを確認できます。

null

詳細な効果分析画面への遷移

ユーザーセグメントごとに効果を分析する

配信条件の変更パターンごとに訪問UU数やゴール率などの効果を計測できますが、「ユーザー別の効果探索」機能では(ブロック配信時に属していた)ユーザーセグメントごとに変更パターンの効果を再集計し、「特にどんなセグメントに効果が出たのか・出なかったのか」を簡単に見つけることができるようになります。

null

配信条件一覧から、分析を行いたい配信条件の行にあるグラフアイコンから効果計測メニュー画面を開きます。
null

null

機能詳細はユーザー別の効果探索の記事をご覧ください。

ライブ連携機能を利用する

配信条件の各パターンについて、訪問ユーザーのカラムに表示されたアイコンをクリックしてユーザー一覧を表示します。
モーダル表示前に各画面で設定した集計期間を参照し、該当期間内のイベントデータに基づき、表示するユーザーを絞り込むことができます。

null

機能詳細はライブ連携の記事をご覧ください。

#karte_blocks