実装したイベントがKARTEに送られているか必ず確認をお願いします。

2022年5月1日以降に新規KARTEプロジェクトを開設したお客様は当ドキュメントではなく、以下記事を参照ください。
https://support.karte.io/post/5jHHq0w4nB4RxG5sxZ1Rb7

ユーザー詳細画面

ユーザーストーリーで確認したいイベント毎に、・・・ その他の操作> データを確認 > データ詳細 より確認できます。

null

イベントの設定画面

グローバルナビ>インサイト>イベントより確認することができます。

null

管理画面から自分に該当するユーザーを探す

まずは自分のアプリ操作で送信されたイベントデータのチェックをするための準備をします。
詳細は自分を探す」(アプリ)機能を使うを参照ください。

ユーザーリストから自分を見つけたら「ラベル」にて「テストユーザー」等識別できるラベルを作成します。
null

テストユーザーのセグメントを作成するため、グローバルナビ>インサイト>セグメント>新規作成>セグメントを作成から、上記で作成したラベルがつくユーザーを指定してセグメントを作成します。

例 すべての期間 > 手動ラベル > ラベルの > 直近30件が > 自分 > に等しい

null

セグメント作成後に、再度アプリを操作して発生するイベントのデータを表示します。
null

イベント時点のセグメントで「自分」のセグメントに所属したことを確認してください。
null

アプリ内メッセージ

上記の「管理画面から自分に該当するユーザーを探す」で作成したセグメントに対し、テストで接客サービスを実際に配信して確認します
詳細は、接客サービス(アプリ内メッセージ)をご確認ください。

プッシュ通知

  1. FCMトークンが紐付いているか確認します plugin_native_app_identify>fcm_token
  2. subscibeがtrueになっているか確認します plugin_native_app_identify>subscribe>true
  3. 上記問題なければ実際に接客サービスを配信して確認しましょう
    詳細は、アプリプッシュの設定方法をご確認ください。

本番環境にイベントをインポートする

検証用プロジェクトで全イベントの検証完了後は、イベントをエクスポートして本番環境にインポートしましょう。
詳細は、イベントエクスポート・インポートを参照ください。