本ページはKARTE for Appで実施するための前提知識と施策例をご紹介します

仕組みを理解する

KARTEのデータの持ち方とその活用方法について理解することで、KARTEを活用した施策が考えやすくなります。

null

  1. ユーザーがアプリを閲覧するとそれに合わせたイベントが発火し、KARTEに送信されます
  2. 送信されたイベントは、①イベントデータと②ユーザーデータ(サマリ)の2種類の形式でKARTEにリアルタイムで蓄積していきます
  3. ①イベントデータはリアルタイムでユーザーの動きを解析するデータとなり、接客サービスを作成する際に「対象イベント」として使用できます。たとえば、トップページに遷移した際にキャンペーンの接客サービスを配信したい場合などです。
  4. ②ユーザーデータ(サマリ)はユーザーから送信されたイベントを蓄積していったものとなります。このサマリを使用して、セグメントを作成して接客サービスの「対象ユーザー」を設定します。たとえば、PV(viewイベントの送信回数)が10回以上の人や、何回購買した人等です。

時系列で理解する

  1. ユーザーが初めてアプリを開きトップページを開いた際に、イベントデータはその日付とイベント概要を記録します。ユーザーデータ(サマリ)はイベントの送信回数が1回となり、最初の値と最新の値に「トップページ」として認識します。

null

  1. 会員登録画面に遷移した際も上記と同様にviewイベントが蓄積されていきます。

null

  1. 会員登録を完了してマイページに遷移した際に、ビジターからメンバーに転換させるためにidentifyイベントのuser_idをKARTEに送信します。そのため、イベントデータではマイページへの遷移とともにユーザー情報が送信されたことが記録され、ユーザーデータ(サマリ)には新たにidentifyイベントの送信回数と値が蓄積されます。

null

このようにユーザーの動きに応じてイベントが発生するたびにKARTEにデータが蓄積され、そのデータを用いて施策を行うことが可能となります。

ユーザーデータ(サマリ)の解析

ユーザーデータ(サマリ)は送信回数や最新の値以外にも複数の統計値をタイムウィンドウ毎に保持しています。
詳しくは下記ご参照ください
https://developers.karte.io/docs/analyze-events

KARTEを活用した施策例

施策例はオンボーディング→コンバージョン→グロースという抽象化したカスタマージャーニーを想定した施策例となります。
自社アプリが人材サービスの場合には会員登録→応募や、有料会員化を促すものであれば、無料会員→有料会員など各々に合わせたポイントに変換してご覧ください。

null

ユーザーがアプリをインストールした直後はアプリの機能等や使い方をポップアップにて表示することでスムーズにアプリを使うことができます。また長くアプリに滞在しているが最後の一歩が踏み出せないユーザーにはプッシュ通知にてクーポン等を出して購入を促すことも可能です。
アプリではプッシュ通知が有効なユーザーとのコミュニケーション手段となりますが、ユーザーからのプッシュ通知の許可が必要となるため、購入時やユーザーの満足度が上がっている際にプッシュ通知の許可を促すポップアップを出すことも効果的です。

鉄板施策一覧

No. 施策例 種別 難易度 実装/スキル
1 ダウンロード直後にアプリの機能訴求 ポップアップ
2 診断コンテンツでおすすめへ誘導 ポップアップ - ディープリンク
3 ステッププッシュで継続率をアップ プッシュ通知 - FCM SDK実装
- プッシュのパーミション
- ユーザーダッシュボード
4 気になる商品の閲覧人数を表示 ポップアップ - viewイベントへのフィールド追加
5 会員登録依頼 ポップアップ - identifyイベント
- cartイベント
6 お得な情報を届けるためのプッシュ通知許可依頼 ポップアップ - FCM SDK実装
- buyイベント
7 休眠ユーザー復活のためにクーポンを送付 プッシュ通知 - buyイベント
- ユーザー情報変数
8 好みを把握するための属性情報アンケート ポップアップ - ディープリンク
9 NPSの実施 ポップアップ - ユーザーダッシュボード