Native機能呼び出しとは

KARTEの接客サービス上のリンクタップ時にPush通知の使用許可を求めるアラートを表示するなどNative固有の機能を呼び出すことができる機能です。

この機能はiOS SDK v2.5.0以上、Android SDK v2.4.0以上から利用できます

iOSで利用できる機能呼び出し

  • プッシュ通知の許可を求めるアラートの表示
  • アプリ固有の設定画面への遷移(iOS 10以上)
  • レビューリクエストアラートの表示(iOS 10.3以上)

Androidで利用できる機能呼び出し

  • アプリ固有の設定画面への遷移
  • ストアのアプリ詳細ページを開く

ご利用にあたって必要な準備

Native機能呼び出しをご利用いただくには、管理画面上での設定に加え、iOSに限りKARTEのURLスキームを処理するよう実装いただく必要があります。

詳しくは下記の開発者向けドキュメントをご覧いただき、エンジニアの方に仕様通りに実装していただくようにしてください。

  • iOS
  • Androidは追加の実装は不要です。

ご利用方法

設定の流れ

①接客編集画面にてカスタマイズエディタに切り替え、変数タブを指定して任意の変数を追加します。
②変数タイプはNative機能呼び出しを指定し、呼び出す機能をセレクトボックスから選択します。
③追加した変数を接客のHTMLのaタグに指定します。
null