こちらの接客シナリオはアプリでの利用を前提としております。また、利用にあたっては、KARTE for Appの契約が必要となります。

適正なタイミングにて、プッシュ通知許可のメリットをユーザーにわかりやすく伝えることで、効果的にプッシュ通知の許諾率を高めましょう。

null

はじめる前に

以下の準備が事前に必要になります。

利用の手順

接客シナリオのインストール

  • ストアから接客シナリオのインストールを行ってください。
  • アプリでの利用を想定して作成しております。

null

接客サービスの設定

アクション

  • ボタンのリンクに遷移先のURL(プッシュ通知許可の設定画面)を入力します。
     必要に応じてiOSとandroidのURLを分けて入力してください。

    • iOS向けアプリのプッシュ通知設定画面に遷移させたい場合は、以下を入力してください。
    • app-settings:root=NOTIFICATIONS_ID&path={アプリのバンドルID}
  • Android向けアプリの場合、プッシュ通知設定画面に遷移させることができないため、以下を入力し、設定画面のトップに遷移する形となります。

    • app-settings:
  • 適宜テキストや画像を修正してください。

対象ユーザー

  • KARTE for Appインストール時にデフォルトのセグメントとして作成されている「プッシュ配信を許可している」に該当しないユーザーを対象ユーザーに設定してください。

その他、対象イベント、スケジュールやオプションを任意に設定してください。