アプリプッシュ通知概要

ネイティブアプリプッシュ通知配信用のテンプレートを利用し、接客サービスを使って配信します。

KARTEからのアプリプッシュ通知は、Firebase Cloud Messaging(以下FCM)を経由して配信されます。
現在FCMには FCM HTTP v1 APIFCM Legacy API の2種類のAPIが用意されており、KARTEではそれぞれのAPIによる送信をサポートしております。

FCM HTTP v1 APIの登場により、今後新たに追加されるプラットフォーム固有のパラメータは、FCM Legacy APIではサポートされなくなります。
そのため、これからKARTEでプッシュ通知をご利用になる場合は、FCM HTTP v1 APIをご利用いただくことを推奨致します。

初期設定

プラグイン設定 > ネイティブアプリ から初期設定を行ってください。
なおプラグイン設定は、KARTE管理画面左のグローバルメニューの一番下のアイコンの中に導線があります。

FCM HTTP v1 API を利用する

プラグイン設定画面から、FCM HTTP v1 APIを利用する設定を行ってください。
なお設定には、Firebase管理画面に記載されている プロジェクトID秘密鍵 が必要です。
また Google API Console にて一部APIを有効にする必要があります(手順は後述)

プロジェクトID設定 > 全般 > プロジェクト に記載されています。

秘密鍵設定 > サービスアカウント > Firebase Admin SDK新しい秘密鍵の生成 から取得できます。

  • 有効化 のチェックを ON
  • FCM APIFCM HTTP v1 API を選択
  • FirebaseプロジェクトIDプロジェクトID を設定
  • Firebaseサービスアカウント秘密鍵 から 秘密鍵 をアップロード

null

Google API ConsoleでAPIを有効にする

FCM HTTP v1 APIを利用するためには、Google API Consoleにて Firebase Cloud Messaging API を有効にする必要があります。

以下のページにアクセスし、Firebaseを利用しているプロジェクトが選択されていることを確認し、APIを有効にしてください。
https://console.developers.google.com/apis/api/fcm.googleapis.com/overview

FCM Legacy API を利用する(非推奨)

プラグイン設定画面から、FCM Legacy APIを利用する設定を行ってください。
なお設定には、Firebase管理画面に記載されている サーバーキー が必要です。

  • 有効化 のチェックを ON
  • FCM APIFCM Legacy API を選択
  • FCM サーバーキー を設定

プッシュ通知のパーミッションについて

KARTEではプッシュ通知に必要なFCMトークンと配信許可フラグ(subscribe: true/false)をアプリ起動時に都度送信します。プッシュ通知の配信パーミッションがtrueのユーザーがどれくらいのボリュームいるのか確認したい際には、以下のようにセグメントを作成すると絞り込むことができます。
null

アプリプッシュ通知用テンプレート

現在テンプレートは4種類あり、テンプレート一覧の ユーザーに「話しかける」 内に用意しております。

  • ネイティブアプリプッシュ通知 (シンプル/テキスト)
  • ネイティブアプリプッシュ通知 (シンプル/画像添付対応)
  • ネイティブアプリプッシュ通知 (シンプル/動画添付対応)
  • ネイティブアプリプッシュ通知 (シンプル/音声添付対応)

アプリプッシュ配信接客サービスの設定方法

  • アクション

    • プッシュ通知の配信内容を設定します。
    • 以下「アクションの設定方法」を参考に設定してください。
  • 配信モード

    • イベント応答」は、イベントをトリガーに通知の個別配信が可能です。
    • ターゲット配信」は、セグメントやユーザーダッシュボード、Datahubなどで絞り込んだユーザーに対してまとめて配信します。即時配信や、日時を指定した配信、繰り返し配信も可能です。
  • 対象ユーザー

  • 対象イベント

    • 配信条件や配信停止条件を指定することが可能です。
  • スケジュール

    • 配信スケジュールを指定することが可能です。

アクションの設定方法

ネイティブアプリプッシュ通知 (シンプル)

本テンプレートを利用することで、タイトル・本文で構成された基本的なプッシュ通知から、画像などを活用したリッチ通知まで様々な通知を行うことが可能です。

SDK v1.1.0以上を実装しているアプリに対して利用可能です。
v1.1.0未満での動作は保証しておりませんので、予めご了承ください。

プッシュ通知のレイアウトは端末によって異なりますので、プレビューと配信時の表示は異なります。
実際のイメージで確認されたい場合は、プレビューではなくテスト配信でご確認ください。

タイトル

  • プッシュ通知のタイトルを指定します。

本文 (必須)

  • プッシュ通知のメッセージ本文を指定します。

通知音 (iOS)

  • プッシュ通知受信時に通知音を鳴らすかどうかを指定します。
  • チェックボックスをONにすると、受信時に通知音が鳴ります。

バッジ表示数 (iOS)

  • プッシュ通知受信時にアプリアイコン上にバッジを表示するかどうか指定します。
  • 1以上の値を指定した時バッジが表示されますが、0の時はバッジは非表示となります。

通知音 (Android)

  • プッシュ通知受信時に通知音を鳴らすかどうかを指定します。
  • チェックボックスをONにすると、受信時に通知音が鳴ります。
  • ※注意: バージョンOreo(8.0)以上では通知チャンネルが作成されると、設定内容の上書きができません。そのため、Oreo(8.0)以上では動作しません。

スレッドID (iOS)

  • iOS12以上でのみ動作します。
  • 通知配信時のスレッドIDの指定が可能です。未指定の場合はOS側が用意するデフォルトのスレッドIDを用いて通知が表示されます。

チャンネルID (Android)

  • バージョンOreo(8.0)以上でのみ動作します。
  • 通知配信時にチャンネルIDの指定が可能です。指定がない場合はSDK側で用意したデフォルトのチャンネルIDを用いて通知が表示されます。

ディープリンク / URL

  • プッシュ通知開封時に、表示したい画面やWebページがある場合にディープリンクまたはURLを指定します。

リッチ通知 画像URL

  • ネイティブアプリプッシュ通知 (シンプル/画像添付対応) テンプレートで利用可能です。
  • プッシュ通知に添付する画像を指定します。
    • ファイル形式
      • JPEG
      • PNG
      • GIF (GIFアニメーションはiOSのみ対応)
    • 画像サイズ
      • Android アスペクト比 2:1 (推奨)
      • iOS アスペクト比 1:1(推奨)
      • ※Android,iOSで同じ画像を使用する場合にはアスペクト比2:1を推奨します
      • 10MBまで

リッチ通知 動画URL (iOSのみ)

  • ネイティブアプリプッシュ通知 (シンプル/動画添付対応) テンプレートで利用可能です。
  • プッシュ通知に添付する動画を指定します。
    • 自社サーバー等の任意の場所にホスティングしている動画ファイルのURLを指定してください。
    • ファイル形式:MP4

リッチ通知 音声URL (iOSのみ)

  • ネイティブアプリプッシュ通知 (シンプル/音声添付対応) テンプレートで利用可能です。
  • プッシュ通知に添付する音声を指定します。
    • 自社サーバー等の任意の場所にホスティングしている音声ファイルのURLを指定してください。
    • ファイル形式:AIFF, WAV, MP3, M4A

任意のkey-value (複数設定可能)

  • 任意のkey-valueが複数設定可能です。必要に応じて変更/追加してください。

まずは、テスト用に自分だけのセグメントを作り、そのセグメントに限定して配信して内容を確認してから、全体に配信するというフローを推奨します。
テスト用のセグメントを作る方法は、SDKイベント実装をご確認ください。