モバイル向け「バナー」アクションテンプレートの詳細と使い方の説明です。

本ページの内容は、以下「対象のアクションテンプレート」に記載のテンプレートのみに対応しています。

概要

モバイル向け「バナー」アクションテンプレートは、ユーザーに「見せる」テンプレート>「バナー」から選択できます。テンプレート検索窓より、「モバイル」というキーワードでの検索も可能です。

対象のアクションテンプレート

  • 【モバイル向け】画像+帯ボタン
    null

アクション設定(ベーシック)

編集画面「ベーシック」タブから設定可能な項目は、以下です。

2-1.画像

カードの画像を設定します。
「画像 / アイコン」変更方法

帯ボタン表示時の推奨画像サイズは、横:636px、縦:636px(最大) です。※縦幅は最大値として記載しています。

帯ボタン非表示の場合は、推奨画像サイズは規定しておりません。

2-2.リンク先

画像または帯ボタンタップ時の、リンク先を指定できます。

2-3.ボタンテキスト

帯ボタンのテキストを指定できます。
【ボタンを表示する】オプションのチェックを外すと、ボタンごと非表示にできます。
null

2-4.カードスタイル

  • カード幅(px):バナーの横幅を指定できます
    • ※縦幅は、カード内の要素に応じて自動で調整されます
  • 背景角丸(px):バナーの四隅に丸みを持たせることができます
    • ※帯ボタンありの場合は、ボタン部分も含めた設定になります

2-5.ボタンスタイル

  • ボタン背景カラー:ボタンの背景カラーを指定できます
  • ボタンテキストカラー:ボタンのテキストカラーを指定できます
  • 枠線カラー:ボタンの枠線のカラーを指定できます
  • 枠線太さ(px):ボタンの枠線の太さを指定できます
    • 1px以上にすることで枠線を付けられます
  • テキストの太さ:ボタンテキストの太さを指定できます

2-6.閉じるボタン

  • 閉じるアイコン:閉じるボタンのアイコンを指定できます
  • アイコンカラー:アイコンのカラーを指定できます
  • 背景カラー:背景のカラーを指定できます
  • アイコン幅(px):アイコンを表示する幅を指定できます
  • ボタン上位置(px)、ボタン右位置(px):アイコンの表示位置を指定できます

アクション設定(カスタマイズ)

編集画面「カスタマイズ」タブから、HTML/CSS/JavaScriptを変更し、より高度なカスタマイズが可能です。

※アクションの具体的なカスタマイズ方法に関しては、チャットでのお問い合わせも含めサポート対象外となります、予めご了承ください。

表示設定

アクションの表示位置・アニメーションを指定できます。
「表示位置・表示タイミング」変更方法

表示位置(画面中央)を選択すると、全画面での表示ができます。
※カード表示時に後ろの画面上での操作ができません(グレーアウト状態)。
null

データ管理

ユーザー情報変数を指定することで、ユーザーごとに紐づく値を動的に出しわけができます。
参考:「静的変数・ユーザー情報変数」利用方法・仕様

その他

6-1.リンク先の指定について

アプリ内の特定画面に遷移させたい場合は、ディープリンクを指定します。
※Android/iOSでディープリンクが異なる場合は、それぞれ接客の作成が必要です。
参考:KARTE for Appで配信される接客のリンク制御

一つのテンプレート上で、WEB/iOS/Androidすべての遷移先を指定したい場合は、アクションのカスタマイズが必要です。
※アクションの具体的なカスタマイズ方法関しては、チャットでのお問い合わせも含めサポート対象外となります、予めご了承ください。

6-2.クリックできる箇所が2つ以上ある場合の注意点

クリックできる箇所が2つ以上あり、ボタンの「アクションを閉じる」オプションを選択していない場合、クリック操作に対し、共通の message_click イベントが自動で発生します。

参考:「接客サービスをクリック」というイベントが発生する条件について

どの箇所がクリックされたかを判別するためには、message_click イベントの「メッセージクリックのリンク先」フィールドを指定した「フィルターイベント」を各リンクごとに作成します。

「ゴールイベントに設定」することで、接客公開後の接客詳細画面から、それぞれのクリック率を確認できます。

フィルターイベントの作成方法
「すべてのメニュー>Insight>イベント>カスタムイベントを作成」から、「フィルターイベント」を作成します。

「ゴールイベントに設定する」にチェックを入れると、接客詳細画面での分析時に利用できます。

設定条件:接客サービスをクリック(message_click)イベントの

  • 接客アクション名(message.shorten_id)が {アクション名を入力} に等しい(完全一致)AND
  • メッセージクリックのリンク先(url)が {リンク先URLを入力} に等しい(完全一致)
    null

接客詳細画面での確認方法
「指標のカスタマイズ」をクリックし、作成したフィルターイベントを選択する
null
null

6-3.カスタムテンプレートを追加する

作成したアクションは、テンプレートとして追加することで、別の接客作成時に参照できます。詳細は、カスタマイズしたアクションをカスタムテンプレートに追加する方法をご参照ください