KARTE Datahubとは、KARTE内外のデータを統合することで、ユーザーにKARTE外にある情報の紐付けや、接客アクションでの利用、データ分析・可視化が可能となる機能です。また、加工したデータを再度外部データベースへ連携し、必要に応じてエンドユーザーとのコミュニケーションなどにも活用することができます。
null

KARTEでは、Webサイト/スマートフォンアプリから送られてくるデータや、KARTEで配信したアクションの結果などを蓄積・利用していますが、

KARTE Datahubを使うことで、社内外に存在する多種多様なデータをKARTEに連携することができます。連携されたデータは、KARTEの中でユーザーのセグメントに活用したり、ポップアップ等のアクションやKARTE Message(β)のメールアクションから参照することができます。

さらにKARTE Datahubでは、従来KARTEで蓄積していたイベントデータに対しても、SQL(クエリ)で自由にデータ抽出・分析ができるようになります。抽出・分析したデータは、外部サービスに対してエクスポートしたり、KARTEの中で活用したりすることができます。

KARTE Datahubでできること

null
大きく分けて以下4つの活用方法があります。

1.ユーザーへのデータ紐付け

紐付けテーブルを活用することで、Datahubに取り込んだ外部データとKARTEのユーザーデータを紐付けて、KARTE上のユーザーのデータとして利用することができます。紐付けたデータはセグメントとしての利用やデータ分析に活用できます。

紐付けテーブルについてはこちら

2.接客サービスからコンテンツに利用

アクションテーブルを活用することで、ユーザーデータ以外のデータに関しても、ポップアップやメールなどの接客サービスから参照することが可能です。

アクションテーブルについてはこちら

3.KARTE Messageの配信リストとして活用

Datahubに溜まっているデータから自由に配信対象者を抽出して、メールやLINE等でコミュニケーションを行うことが可能です。

設定方法はこちら

4.クエリを使った調査や分析

KARTEのタグで取得したイベントデータはリアルタイムでDatahubに蓄積されています。

そのリアルタイムデータに対して、自由にクエリを¥実行して調査、分析することが可能です。

ダッシュボードについてはこちら

仕様、ドキュメント

  • エンジニア向けの技術的なドキュメント、リファレンスについては、「KARTE Developer Portal」の「KARTE Datahub」「外部サービス連携」のセクションをご確認ください。