基本設定のオプションの登録を行う項目です。

接客全体のフリークエンシー設定

接客アクションを複数設定した際に、1回のセッション内で複数出てしまうことを避けるために接客サービスと次の接客サービスの間を空ける設定をすることが可能です。
null
接客アクションの間隔調整は以下の2つの形で設定が可能です。

  • PV数:接客サービスが出てから次の接客サービスまでのPV数です。
  • 秒数:接客サービスが出てから次の接客サービスまでの秒数です。

※両方の条件を指定した場合、AND条件(両方の条件を満たさないと配信されない)になります。

こちらを設定した場合、アクションが表示されているかを実際のサイトで確認する時に他の接客サービスの未実施時に入っていた場合や接客サービスが表示された直後ですと、配信されなくなりますので、接客サービスの配信テストなどをする際は設定を外してください。
また、複数の接客サービスを連動させているような場合、(接客サービス1が出た人に、接客サービス2を配信する、など)この設定によって、条件によっては2つめのサービスが出なくなりますので現在実施中のサービスに影響がないかはご検討の上で設定ください。

※KARTE for Appはこの設定に非対応です。

プロジェクトの合計接客数による通知

今月の接客数の合計が設定値を超えた時点で管理者にメールで通知が行くようにする設定です。
なお、接客数については、未実施の接客数は含まれません。

クエリキーの扱い

保存するクエリキー

広告やキャンペーン経由の流入を識別するためにパラメーターに任意のクエリキーを設定した場合、クエリキーを登録することによってセグメントや配信ページで利用することが可能となります。(※すでに利用されているクエリキーがある場合はデフォルトで登録されています。)

閲覧ページのURLとして含めるクエリキー

閲覧人数表示のテンプレートを使った接客サービスを配信する場合、閲覧人数はURL単位で集計しますが、クエリの差は考慮しません。

つまり、異なるクエリをつけたURLであっても、KARTEのURLの解釈ではURL部分とクエリ部分は切り離されて考えられているため、URL単位の集計となる閲覧人数はクエリの違いを考慮せずに同一のページとして集計しています。

これを、特定のクエリキーもURLに含めて集計を行いたい場合に、この設定を利用します。

null

暗号化キー

個人情報などのセキュアな情報については、HTTPSで保護されたページからの送信を前提としていますが、データ送信元のページをHTTPSにすることができない場合、タグの内容を暗号化したものを送信することができます。

レポートで使用するセグメントフォルダ

ベーシックレポート、カスタムレポートで使用するセグメントフォルダを指定します。
対応しているレポートで、表示されるセグメントがこのフォルダ内のセグメントに絞り込まれます。
※ベーシックレポート、カスタムレポートをご利用されていない場合は利用できません。

アクセス元のIPアドレス制限

KARTE管理画面はユーザー情報など多くの情報を閲覧することができるため、セキュリティ強化としてKARTE管理画面にアクセスできるIPアドレスを限定することが可能です。
詳細な設定方法についてはこちらをご確認ください。

ユーザーラベルの管理

ユーザーごとに付与するラベルの追加・削除を行うことができます。ラベルを削除した場合、紐付いていたユーザーのラベルは削除されませんが新規の選択肢として表示されなくなります。
null

ページグループ設定

2020/06からページグループ設定は「サイト設定」に導線が変更になりました。
暫くの間、管理画面左側のナビゲーションバー>ユーザーアイコン>サイト設定からでも、本プロジェクト設定画面からでも開くことができます。

サイト内の複数ページを任意のグループに分類し、その分類したグループ単位でセグメントの条件指定や、接客サービスの対象イベントの指定などにご利用いただけるものです。
ページグル-プ設定についてはこちらをご確認ください。