パートナー向けに、新たにアカウントの「カスタム権限」を作成する方法について説明します。

「アカウントの権限設定」の基礎についてはこちらのドキュメントを御覧ください
https://support.karte.io/post/6Zm3RpqSvRgN0btvhGDaDl

権限グループを作成

  • プロジェクト設定 > 権限グループ から 「権限グループの追加」を選択
    null

  • 「パートナー用」と名前を付けて保存
    null

  • 「パートナー用」の権限を選択して、デフォルトの権限から、「接客サービスの公開」権限を「無効」に設定
    null

  • 「変更を保存」
    null

以上で、接客サービスの「編集可能」で「公開不可」の権限グループを作成することができました。
続いて、該当ユーザーに権限グループを付与します。

Datahubを活用した施策の場合は、Datahub関連の権限も付与する必要があります
  • デフォルトの権限から、「Datahub」に関する全ての権限を「有効」に設定
    null

招待するユーザーに権限グループを付与

  • プロジェクト設定 > 基本設定 から サイドナビゲーションの「アカウント/権限管理」を選択
    null

  • 指定のメールアドレスに「パートナー用」権限を付与して、招待
    null

  • すでに存在しているユーザーの場合は、権限を変更も可能です。

以上となります。