ユーザーリストとは

KARTEで解析しているサイトやアプリを利用しているユーザーを、任意の期間と行動(イベント,セグメント,ディメンション等)で探すことができる画面です。
注目したいユーザーを見つけたらブックマークで保存することも可能です。
なお、ユーザーリストは、KARTE管理画面にログインするとまず見ることができるTOP画面となっています。

画面の説明

null

1. (検索条件)作成ボタン

ユーザーを何かの条件で探したいときはまず検索をしましょう。
このボタンから新規で検索条件を作成することができます。
詳細は、新規で検索する(検索条件の作成/保存) 記事をご確認ください。

2. サイドバー

見たい条件を選んだり、保存した条件/ユーザーを確認することができます。
画面上部のハンバーガーボタンをクリックして開閉することができます。
なお、左部のリストでは集計が終わる(更新される)とチェックマークが付きます。

サイドバーにある各機能について説明しています。詳細は以下をご確認ください。

  • 今来ているユーザー
    • 直近1時間の間に来訪した(閲覧イベントを送信した)ユーザーが表示されます
  • 以前見たユーザー
    • あなたがユーザーリストで見た(ユーザーストーリーモーダルを開いた)ことのあるユーザーが最大25件表示されます
    • アカウント単位(個人レベル)で保存されます。プロジェクト単位ではありません
    • 詳細は、以前見たユーザー記事をご確認ください
  • 保存した条件
    • 新規/別名で保存した条件が表示されます
    • 右側「…」で条件名の変更/削除が可能です
    • 作成できる条件の個数には特に制限はありません
  • おすすめの条件
    • 一般的によく使われる条件をプリセットしています
  • ブックマークリスト
  • 自分を探す

3. 検索条件とマッチしたユーザーリスト

条件に合致したユーザーが表示されます。
詳細は以下をご確認ください。

ユーザーリスト画面の活用方法

ユーザーリストでは自由度の高い検索が可能です。
様々なことが可能になるため、その一例をユースケースとしてご紹介します。