行動チェーンとは

行動チェーンではユーザーに発生する複数の行動(イベント,セグメント,ディメンション等)を1つの流れとしてまとめて定義して、集計値を表示したり、該当ユーザー一人ひとりの行動シーンを見ることができます。

null

特定の行動を含むファネルの各ステップの該当者数・割合を定量的に可視化することや、ボトルネック箇所を特定して該当ユーザーの該当行動を分析することが可能です。

(注意) 本機能はβ版の機能です。
今後、機能の内容・仕様が大幅に変わったり、機能自体の提供を終了する可能性があります。
機能自体が終了する場合にはあらかじめアナウンス致しますが、使用される際はご注意ください。

画面の説明

null

1. (検索条件)作成ボタン

検索の始め方はユーザーリストと同じく左上から始められます。
このボタンからプルダウンの行動チェーン(β)を選ぶと、新規で検索条件を作成することができます。

検索条件設定の方法はユーザーリストでの新規作成と同じ内容です。
詳細は、行動チェーンを作成する(新規条件の作成/保存) 記事をご確認ください。

2. サイドバー

行動チェーンで作成・保存した条件はこちらに表示されます。
見たい条件を選んだり、保存した条件/ユーザーを確認することができます。
画面上部のハンバーガーボタンをクリックして開閉することができます。

作成した行動チェーンについてはサイドバーで以下のことが実施できます。

  • (該当の)行動チェーン名を編集
  • (該当の)行動チェーンを複製
  • (該当の)行動チェーンを削除

なお、作成した行動チェーンは順に下部に表示されていきます。

3. 検索結果表示とマッチしたユーザーリスト

検索条件を保存し集計を行うと、設定したステップごとの集計結果が表示されます。

  • 設定したステップ(行動)が発生した人数/割合
  • 設定したステップ(行動)が発生しなかった人数/割合
  • 設定したステップ(行動)の発生有無それぞれに対するゴール到達の人数/割合

なお、左部に表示される絞り込み条件や表示リストのソートなどはユーザーリスト機能と同様となります。分析用フィールドを使って該当ユーザーの特徴を確認することも可能です。

ステップ上のグラフエリアをクリックすると該当ステップのユーザーリストが表示されます。
各機能の詳細は以下をご確認ください。