集計結果画面の見方について説明します。
新規作成の詳細についてはこちらの記事を参照ください。

画面

null

各要素の説明

まずはヘッダー部分について説明します。

null

1. 更新履歴

  • 作成
    • リストを作成したユーザーが表示されます
  • 最終更新
    • 最後に更新された日時が表示されます

2.条件保存・集計

  • 条件を保存
    • 行動チェーンの作成条件を保存できます
      • 条件を保存: 現在選択中の条件を上書き保存します
      • 別名で保存: 新しい作成条件として保存します
  • 集計
    • 集計ボタンを押下すると、設定した条件で集計が始まります

3. 条件変更可能な各要素

作成時に設定した次の各項目はテキスト部分をクリックすることで、条件設定モーダルが開いて条件を編集できます。

null

  • 期間
  • ゴール
  • ステップ(ABCDE)
  • ステップを追加
  • ステップ順序の並び替え・ステップの削除

4. 行動チェーンの各ステップ

標準時では次の項目が表示されます。

null

  • 1つ目(ステップA)の人数と割合
    • 基本的にはステップAが基準となるため割合は100%になります
  • 2つ目(ステップB)以降の人数と割合
    • 「マッチした」・「マッチしなかった」がそれぞれ表示されます
    • 1つ前のステップを母数として、該当ステップで「マッチした」・「マッチしなかった」人数と割合がそれぞれ表示されます
  • 最終ステップのゴール有無の人数と割合
    • 該当ステップの「マッチした」・「マッチしなかった」それぞれを母数に「ゴールした」「ゴールしていない」人数と割合がそれぞれ表示されます
    • つまり、次の4項目が表示されます
      • 該当ステップにマッチした x ゴールした
      • 該当ステップにマッチした x ゴールしなかった
      • 該当ステップにマッチしなかった x ゴールした
      • 該当ステップにマッチしなかった x ゴールしなかった

また、中間ステップのゴールを表示にチェックを入れると、
各ステップのゴール有無チャートも表示されます。こちらを用いることで、最終ステップではなく途中のステップまででのゴール有無を把握することが可能です。

null

5. ゴールに繋がりやすい/繋がりにくいURL

行動チェーンの結果表示画面では、
最終ステップでマッチしたユーザーの集計期間中の全ての閲覧とゴールまでの経路を解析し、URL毎のゴールへの貢献度をスコアとして数値化して表示しています。

詳細はこちらのドキュメントをご参照ください。


続いて、下部(表示されるユーザーのリスト側)について説明します。

null

6. 指名検索

検索条件とは別で特定の値をその場でフィルタリングできます。
特定のユーザーを検索したいときに便利です。

  • ビジター/ユーザーID
    • ビジターIDやユーザーID(identify)から直接検索できます(部分一致)

7. 絞り込み条件

ディメンションをセグメント化することで絞り込みを行えます。
詳細はディメンションからセグメントを作成をご参照ください。

  • 共通ディメンション
    • KARTE自体にプリセットで存在しているもの。来訪回数、PV数等
  • 作成したディメンション
    • プロジェクト毎に設定できるもの。設定数は現状10個までと上限があります

ディメンション以外では以下の項目を合わせて表示することができます。

  • 上位の閲覧ページ
    • 検索条件に合致したユーザーがアクセスした数が多いページを表示しています。
      ※検索対象イベントが閲覧(view)の場合のみが対象です
  • 分析用フィールド
    • 検索時に「分析用フィールド」を指定した場合、フィールドの値が上位から表示されます。
    • フィールドは3つまで指定でき、1つのフィールドの値は100個までユーザーリスト上に表示されます。
    • 設定の詳細はこちらの記事でもご参照ください。

8. マッチしたユーザーの人数と割合

指定したステップ条件にマッチしたユーザー数と、設定した期間内に来訪した全てのユーザー数(来訪ユーザー数:人)、条件にマッチしたユーザーの割合(ボリューム:%)を表示しています。

上述5~6の絞り込みをすることでファネルのように割合を把握することができます。

9. マッチしたユーザー

指定したステップ条件にマッチしたユーザーが表示されます。

null

  • 表示されている指標
    • セッション、閲覧、接客
      • 条件に関わらない累計の値になります
    • 期間内の〇〇イベント
      • 条件に指定した検索期間内で、検索条件にマッチしたイベントの回数を表示しています
    • 特徴的なセグメント
      • 現在来訪中のユーザーと比較して、そのユーザーの最新状態において該当者が少ないセグメントが表示されます
      • 定義はユーザーストーリー画面と共通の仕様です
    • 条件に指定したイベントフィールド
      • 条件にイベントのフィールド追加するとマッチした最新のイベントのものが表示されます
      • ※上記のサンプル画像では「閲覧ページのパス」の箇所です
      • ※検索条件を設定していない状態で、かつページグループを設定中の場合は、閲覧中のページに対して[]付きで接頭にページグループ名が表示されます
  • 日時
    • マッチした条件のイベント中から最新のイベント発生日時が表示されます
  • ブックマーク
  • KARTE Live
    • 再生アイコンから、該当するイベントのタイミングでKARTE Liveの動画を再生できます
  • 三点リーダ: 表示する指標のカスタマイズ
    • ディメンションの表示設定: 表示する指標のon/offができます

クリックするとそのユーザーの行動を俯瞰版と詳細版でそれぞれ確認できます。
詳細は下記をご確認ください。