タグv2は、現在一部のプロジェクトに限定して先行提供しています。
特別な案内があった場合を除いて、タグv2ではなく従来の計測タグやカスタムイベントタグ(v1)の記述をご覧ください。
https://support.karte.io/post/7E5yZwHWroaDTDmd4f0SDx

イベントのフィールドに""(空文字)・ undefinednull などを、イベントして送信した場合の挙動についてまとめます。
参考までに、送信するタグのイメージとしては以下のような形です。

タグv1の場合

tracker.track('test',{
  test1: "", //空文字
  test2: null, //null
  test3: undefined //undefined
})

タグv2の場合

krt('send', 'test', {
  test1: "", //空文字
  test2: null, //null
  test3: undefined //undefined
})

空文字の取り扱い

  • ""として、最新の値が更新されます。

空文字のセグメント関連の挙動

  • 最新の値が「存在する」 は合致する となってしまう
  • また、空白(何も設定しない)は、バリデーションによりセグメントや配信トリガーの条件として設定ができない
  • 空白で送信された事を条件設定するには、正規表現を使って「 .{0} に等しい」とする

null

undefined, nullの取り扱い

フィールドごと無視され、KARTE側には情報が届きません。